テニス ダブルス

ダブルス

テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。

これって何でかな・・・と、前から考えていました。

一つの結論として、ダブルスが上手い=前衛でネットプレーで決定力がある、と考えると見えてきます。

硬式テニスでは、前衛も後衛も順番でこなしていきますが、軟式テニス、ソフトテニスは専門性。

前衛にはしっかり、ポイントゲッターとしての役割が求められる。

硬式テニスの皆さんも、もっと前衛の意識を高く持っていかないと試合で「使える」前衛にはなれません。

 

テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

 


 

1.ラリーの中で、「触れたら触る」って、何?

ダブルスの試合の中で、前衛には決定力が求められます。

でも実際の試合を観ていると、「チャンスが来たら、決める」という人ばっかりな気がしませんか?

そんな選手がペアに何て会話しているのかと思って覗いてみると、「触れたら、触るね!」という感じの言葉で伝えている。

これって、うーん、、と思うんです。

確かにストレートケアも大事かも知れませんが、待てど暮らせど、強いペア相手にはチャンスなんてそうそう来ません。

 

2.技術が無くても、責任感が強い相手の方が嫌

私はダブルスで対戦していて、ボレー技術がおぼつかなくても「責任感が強くて、ラリーに絡んでくる」前衛のほうが嫌です。

「邪魔すんなよ!」って思ってしまうし、何よりその後から気になってついクロスラリーで受け身になってしまいますよね。

責任感が無い人って、ミスしたときの言い訳ばっかり考えて逃げている。

そんな精神的に逃げている相手は、対戦していてすぐに分かります。

責任感がある人は、「何とか後衛を助けたい」と考えているから、ペアとしての団結力もアップする。

アナタ自身、どちらか・・・といいうのを、一度考えてみて欲しいのです。

 

3.責任感があるから、成長できる

成長するには、何かに必要性を感じないと難しい。

自分自身で、「上手くなりたい!」と感じて、考えて上手くなるのがもちろん大前提ですが、ダブルスの場合だと・・・こうも考えられます。

「何とかペアの力になりたい、サーブをキープさせてあげたい」と。

私の場合、自分のサービスゲームがキープできているかどうかより、味方のペアのキープが出来ているかの方が気になる。

なぜなら、キープ出来ないのは「前衛の責任」だと考えているからです。

攻撃できる優先権があり、ボールに触らない、触りにいこうとしないのは責任放棄に近い。

それくらいの意識があれば、人は自然に危機感を持って成長していきます。

 

「それでもボレーって、苦手なんだよな・・・」と考える人、意識を変えましょう。

ラケットワーク、タッチ感覚ばかりを磨こうとして、失敗ばかりに目がいっていませんか?

もっとポジショニングや思い切った飛出し、つまりはフットワークで存在感を出していきましょう。

きっと、それに対してラケット周りの技術って追い付いてくるんです。

責任感があれば、その成長速度もアップします。

ぜひ、前衛にいるときの自分と重ねて、考えてみてください。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

  2. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  3. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  6. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

    ダブルスで前衛が気になる、気にしないようにと思えば思うほど気になって、…

特集記事

  1. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
  2. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
  3. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  4. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない
PAGE TOP