テニス 練習

ダブルス

シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。

私の経験上、すごく強い場合とそうでない場合、の差が激しいように思います。

ですが、シングルスの実績を残している選手は、やっぱりしぶといし基本の技術がしっかりしている。

そう考えると、対戦相手になったときにしっかり準備が必要ですね。

 

シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

 


 

1.基本はセンターセオリー

まず基本はセンターセオリー。

相手2人の間、を常に攻撃していく意識を持ちましょう。

ロブも沈めるボールも、全て2人の間を狙って「どちらが触るのか」をしっかりチェックしておく。

フォアハンド側が取る、と決めているのか、何も決めずにその場で判断しているのか・・・。

まずは序盤にしっかりセンターを突いてみて、相手の反応をチェックしておきましょう。

そこから崩せるスペースが見えて来るはずです。

 

2.相手の奇襲は少ないと仮定する

ダブルス慣れしていない相手は、奇襲を仕掛けてくることは少ない。

リターンはクロス、が基本でしょう。

つまり、アナタ側のペアは早めにポーチに動いたりして先手を打つ。

逆にリターン側のときには、さほどポーチで積極的に動いて来るとは思えない。

クロス方向にしっかり打つ、前衛を気にしない姿勢で攻撃していけば怖くないはず。

あくまで仮設ですが、ダブルスらしいコンビネーションは無い、と考えて強気でいきましょう!

 

3.浅いボールを有効に使ってみる

シングルスが主体の選手は、ストロークが強い。

だからこそ、浅いボールやボレーが怪しい選手が多いのです。

ダブルスでは、2人で下がった状態の2バックの陣形を敷いて来るケースも多い。

そのときに、いかに有効に前の浅いボールを使えるかどうか。

まともに後ろに深く打っていては、相手の思うツボ。

積極的に前に引っ張り出して、ボレーをさせて崩していきましょう。

 

4.序盤にリードを奪えば淡泊なプレーになる

シングルス主体の選手は、序盤でスコアを離されるとモチベーションが下がる。

頑張ってコツコツ挽回していこう、という気持ちにはならない可能性が高い。

つまりは、スタートダッシュこそ命。

序盤に勢い付かせなければ、こういったシングルス主体の即席ペアは怖くない。

逆に序盤にリードさせてしまうと、そのままノリノリでプレーされてしんどくなってしまうでしょう。

 

5.徹底的に1人狙いをやってみる

私の経験則ですが、ダブルスの1人狙いはこういうペアに有効。

ダブルスとして成熟したペアであれば、1人狙いをしたときにも上手く助けにポーチに出たり、カバー出来ますが、即席ペアは難しい。

シングルス主体の選手ですからしぶとさはあるでしょうが、2対1の構図を作る場面を増やせば、当然2人の方が優位に立てる。

1人を狙い続けることで、相手の雰囲気はさらに悪くなっていくでしょう。

 

意外と、シングルスの選手同士がダブルスを組むケースは多い。

または、ストロークが得意な選手同士、のペアもこれに近いですね。

しっかり準備して、倒すためのレシピを用意すれば怖くない。

ぜひ、アナタ自身ダブルスの試合で頭に入れておいて下さい!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ

    ダブルスの試合で、並行陣で戦いたい。そして、テニスの大会をし…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

    ダブルスの試合で、浅いボールで攻撃されるこれは、特に上のレベル…

  3. ダブルス

    ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

    ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。特に、ボレー戦になった…

  4. ダブルス

    前衛がただの前後運動、になってない?

    ダブルスの前衛で、必要な守備の意識。これは確かに大事ですが、ど…

  5. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負…
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ライバルには、強くなってもらうに限る
  3. シングルス

    「アナタとラリーを続けたい」精神で
  4. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!
PAGE TOP