テニス マナー

戦術

テニスの試合でも、調子が悪ければ早めに「選手交代」してしまおう

チーム競技じゃなきゃ、選手交代は出来ない?

それって、思い込み。

テニスだって、選手交代、出来ますよ。

出来るかどうかは、アナタ自身ですが・・・。

 

テニスの試合でも、調子が悪ければ早めに「選手交代」してしまおう

 

1.試合の序盤に、「見切り」を付ける勇気はあるか?

テニスの試合、序盤はどうしても硬くなりがち。

色々試行錯誤するけど、どうしようも無いとき、ありますよね。

そういうときには、思い切って選手交代、しちゃいましょう。

「は?」と思うかもしれませんが、これも言葉のアヤ。

もちろん実際に戦うのは自分自身、ですが人格そのもの、を変えるということ。

プレースタイルから思考、雰囲気、全てを変えてしまう。

この勇気がある選手は、負け試合を勝ち試合に変えることが出来るのです。

 

2.0-3になった時点で、見切りを付ける

私はこう決めています。

序盤で3ゲーム、離されてしまったら大きく変える。

プレースタイル、人格、それから雰囲気ですね。

おとなしく粘る感じで試合に入って、0-3になったら、そこからは前に出る、声を出す。

違う選手になったつもりで、一気に変えていく。

その準備だけは、試合前からしておくようにします。

もちろん、変えたからと言って上手くいくか・・・は分かりません。

でも、何かを変えないとそのまま試合終了、だと思ったらやるしかないですよね。

 

3.選手を3人、用意しておこう

私はこういうイメージです。

・パワー型

・技巧型

・走力型

この3パターンの選手を用意しておく。

ある程度力で押す、技で押す、下がって足で稼ぐ・・・のパターン分けをして、試合の中で交代していく。

そう、交代は何度だってやって良い。

アナタ自身が、準備さえ出来ていれば劣勢でも冷静に判断出来るはずです。

大事なのは、こういう選手を全員使いこなせるように普段から幅広く、鍛えておくことですね。

 

そもそも、一つのプレーしか出来ないとこういう戦術は難しい。

テニスでは、戦うのはアナタ一人。

その中で選手交代していく、準備を練習から意識してみてください。

きっと、主力選手もどんどん変わってくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い

    皆さん、試合の中で勝敗以外の部分、気にして振り返れていますか?…

  4. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

  5. テニス 試合

    戦術

    「負けたはずの試合」を勝ちに結び付ける、為の武器を君はテニスで持っているか?

    テニスの試合は、短期決戦。1セットマッチの試合なんて、ぼーっと…

  6. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポ…
  2. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせ…
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッド…
  4. テニス 観察

    その他

    「ダブルス、ごめんね。」プロテニス選手の大会参加事情
  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
PAGE TOP