テニス コントロール

戦術

テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。

でも、本当にそれだけで満足、ですか?

良いショット、は確かにあっても、「それしか打てなかった」のでは意味がない。

強い相手なら、次はそこを予測されてもう終わりですよ。

 

テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

 


 

1.打てるコース、どれだけあったの?

試合で、この問いかけを常に行うこと。

試合に勝ちたい、強い選手になるには、絶対に避けて通れないのがこの問題です。

「そんな、毎回その場のショットで精いっぱいなのに・・・」という方は、何かを変えないといけない。

精いっぱいのショット、でしかチャンスボールを展開出来ないなら、それは難しい。

打てるコースがどれだけあったのか、それを自分は打てたのか?

これに、危機感を持てないようなら、アナタの成長はそこで止まってしまうんです。

 

2.チャンスボールで打つコースが無い、のは思考の問題

そもそも、チャンスボールをどう展開していくのか、ですね。

チャンスボール・・・という言葉がまずいと思いますが、要は「アナタ自身がしっかり構えて、打てる態勢を作って打てるボール」でしょう。

こういう場面、強打していく発想しかないから、「打つコースが無い」という発想になってしまう。

強打していかないといけない、という焦りが、打つコースを絞ってしまうんです。

思考を変えないと、いつまで経っても苦しいだけですよ。

チャンスボールへの対応スタンスこそ、アナタの実力を如実に現しているのですから。

 

3.バリエーションを増やす、のは難しくない

「でも、どこへでも打てるような技術は無いし・・・」と思っている皆さん、それは誤解です。

もっともっと、テニスはどこへでも打てる。

その可能性を秘めている。

バリエーション、を増やすことに本気になれれば、相手を見れるようになる。

相手を見れば、必ず打てるコースがあることに気付くはずです。

前に落とすショット、ショートクロス、実は前後にコートを使うことだって出来る。

左右の深い場所に打ち込むだけ、がテニスの打ち分けじゃないですから。

チャンスだとつい、こういう発想になりがちなんですけどね。

 

4.強い相手は、チャンスからのバリエーションが多い

ドロップショット、ロブ、パッシングショットに沈めるようなディンクショット。

強い相手って、なんでも打って来るようなイメージじゃないですか。

これを、アナタ自身目指していかないといけない。

実際には、テイクバックの段階でどれかを選択して、決めて打つ。

この「選ぶ」という行為が、私はテニスの醍醐味だと思いますよ。

打てるようになったら、楽しいし試合にも勝てるようになる。

ぜひ、アナタ自身このイメージを持って、このバリエーションを増やすというテーマに取り組んでみて下さい。

 

技術はメンタルを変えていく。

強くなりたければ、出来ることを増やしていくこと。

出来ることが増えていけば、少しずつメンタル、性格も変わっていく。

自信がついて、よりチャンスを前のめりに捉えることが出来るようになるはず。

私は、みなさんにもそうなって欲しいですから。

チャンスでのバリエーション、増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. 戦術

    アナタ自身の武器、が生まれる瞬間とは?

    「あの人みたいな、武器が欲しい」そう思う方、みなさんの周りに…

  2. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

    ベターなポジションは、ある。でも、これがベストという陣形やポ…

  3. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

    「試合に勝つ為に、何が必要ですか?」この質問に答えるのは難しい…

  4. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない

    「アナタのテニス観は、普通じゃないですよね」というお言葉を、よ…

  5. テニス 序盤

    戦術

    「インドアコートでのテニスの試合」で気を付けておきたい5つのポイント

    雨が多いこの時期、インドアコートでの練習や試合も増えますよね。…

  6. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  2. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかど…
  3. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  4. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう
  5. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう
PAGE TOP