テニス ボレー

メンタル

ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。

それは、チャンスと呼ばれることもありますが・・・実際はどうでしょうか。

アナタ自身、自信を持ってそのボールを追いかけて、フィニッシュまで持っていけますか?

ここの部分、そろそろハッキリ準備しておかないといけないですよ。

 

ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

 

1.フィニッシュイメージを持っていてこそ、チャンスと言える

チャンスという言葉は、非常に難しい。

だって、ネット際に落ちるボールって、それがチャンスかどうかは人それぞれ、ですからね。

初心者の方にとっては、前に走ってネット際のボールを触る、ので必死だと思います。

前に走って、止まってボールを打つのって、簡単じゃないですから。

大事なのは、自分の中でフィニッシュのイメージを持てるかどうか。

浅いボールは、チャンスとは言えない。

それをチャンスと言えるように、自分で技量を磨いていかないといけない、ですからね。

 

2.ネット近くにボールが落ちる、ときの第一印象は?

「よし!」と思えるか、どうか。

これって結構、大事ですよ。

普段の練習から、前に出る、前に入るようなショットを打てているかどうか、ここで分かります。

ベースライン同士で、ただ何も考えないで打ち合っているような感じだと、「まずい!浅い!」となってしまう。

練習からネット際のボールを追いかけている量、が大事になってきますから。

チャンスかどうか、はアナタ自身の第一印象次第、とも言えます。

普段から練習出来ている人は、よし!となりますしね。

ちょっとした違いですが、意識していくと試合でもダッシュの一歩目、が変わるはずです。

 

3.打点が高ければチャンス?そうでも無いと思う

なぜなら、相手も予測して動くから。

強い相手なら、簡単には決めさせてくれないですよ。

私たちはつい、プロ選手の試合を観ていると簡単に決まっている、楽そうだなという印象を受けますよね。

でも、これって大きな誤解、でしょう。

彼らは体格も良いしパワーもある、技術もある。

だからこそ、高い打点からは容易に強いボールがコントロール出来るんです。

私たちはもっと丁寧に、高い打点でも一発で決めようとしないでコース勝負、でいきましょう。

 

4.打点が低くなってしまったら・・・

ドロップショットを追いかけたりして、厳しい状況もありますよね。

ネット近くで打てるけど、ネットよりも打点が低い。

そんなときには、しっかり「ドロップショット返し」が出来るようにしておくこと。

やっと追い付いたようなボールは、深く強打するよりも浅く前に落とす、という選択肢の方が有効です。

当然、相手に読まれる可能性もあります。

でも、相手を動かすくらいのつもりで良いと思いますよ。

アナタ自身、もうチャンスとは呼べない状況ですからね。

ドロップショットには、ドロップショット返し、がテニスの基本です。

 

ネット際に落ちるようなボール、以外と処理が難しい。

これは、試合に出ている人が痛感している問題でしょう。

決めないといけない、ような雰囲気もあるのに自分では自信が無い・・・。

そんなときには、しっかりと結論を出せるよう準備しておくこと。

練習からどんどん、浅いボールを追いかけるような意識も大事ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議な要素がある

    テニスというスポーツ、皆さんはしっかり「戦う姿勢」でコートに立ててます…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う

    皆さん、テニスをやる理由は人それぞれだと思います。よくテニスス…

  3. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

    皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると…

  4. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ!

    「テニスは個人スポーツだし、チームで練習しなくても良いのでは?」と…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

  6. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?

    相手と向き合い、相手と戦うのがテニスというスポーツ。自分自身と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない
  2. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  3. テニス スマッシュ

    リターン

    テニスの試合では、身長が低い選手のサーブは「回転系が基本になる」ことを理解してお…
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    トーナメントを勝ち抜く上のレベルで絶対必要!「テニスにおける、フェイトの技術」を…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
PAGE TOP