テニス ボレー

メンタル

ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。

それは、チャンスと呼ばれることもありますが・・・実際はどうでしょうか。

アナタ自身、自信を持ってそのボールを追いかけて、フィニッシュまで持っていけますか?

ここの部分、そろそろハッキリ準備しておかないといけないですよ。

 

ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

 

1.フィニッシュイメージを持っていてこそ、チャンスと言える

チャンスという言葉は、非常に難しい。

だって、ネット際に落ちるボールって、それがチャンスかどうかは人それぞれ、ですからね。

初心者の方にとっては、前に走ってネット際のボールを触る、ので必死だと思います。

前に走って、止まってボールを打つのって、簡単じゃないですから。

大事なのは、自分の中でフィニッシュのイメージを持てるかどうか。

浅いボールは、チャンスとは言えない。

それをチャンスと言えるように、自分で技量を磨いていかないといけない、ですからね。

 

2.ネット近くにボールが落ちる、ときの第一印象は?

「よし!」と思えるか、どうか。

これって結構、大事ですよ。

普段の練習から、前に出る、前に入るようなショットを打てているかどうか、ここで分かります。

ベースライン同士で、ただ何も考えないで打ち合っているような感じだと、「まずい!浅い!」となってしまう。

練習からネット際のボールを追いかけている量、が大事になってきますから。

チャンスかどうか、はアナタ自身の第一印象次第、とも言えます。

普段から練習出来ている人は、よし!となりますしね。

ちょっとした違いですが、意識していくと試合でもダッシュの一歩目、が変わるはずです。

 

3.打点が高ければチャンス?そうでも無いと思う

なぜなら、相手も予測して動くから。

強い相手なら、簡単には決めさせてくれないですよ。

私たちはつい、プロ選手の試合を観ていると簡単に決まっている、楽そうだなという印象を受けますよね。

でも、これって大きな誤解、でしょう。

彼らは体格も良いしパワーもある、技術もある。

だからこそ、高い打点からは容易に強いボールがコントロール出来るんです。

私たちはもっと丁寧に、高い打点でも一発で決めようとしないでコース勝負、でいきましょう。

 

4.打点が低くなってしまったら・・・

ドロップショットを追いかけたりして、厳しい状況もありますよね。

ネット近くで打てるけど、ネットよりも打点が低い。

そんなときには、しっかり「ドロップショット返し」が出来るようにしておくこと。

やっと追い付いたようなボールは、深く強打するよりも浅く前に落とす、という選択肢の方が有効です。

当然、相手に読まれる可能性もあります。

でも、相手を動かすくらいのつもりで良いと思いますよ。

アナタ自身、もうチャンスとは呼べない状況ですからね。

ドロップショットには、ドロップショット返し、がテニスの基本です。

 

ネット際に落ちるようなボール、以外と処理が難しい。

これは、試合に出ている人が痛感している問題でしょう。

決めないといけない、ような雰囲気もあるのに自分では自信が無い・・・。

そんなときには、しっかりと結論を出せるよう準備しておくこと。

練習からどんどん、浅いボールを追いかけるような意識も大事ですね。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素

    「己の下手さを、知りて一歩目」この言葉は、いつもどこかに噛み締…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になって現れる

    テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。色々なスポーツ、…

  4. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  5. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

    皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。…

  6. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識が高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークやボレーがいつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を実践していき…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていく…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難し…
  4. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボールをコントロールして、「相手を前後に動かす」為の練習メニュー
  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を用意しておこう!…
PAGE TOP