テニス メンタル

メンタル

テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

つい試合では、自分を大きく見せておきたい。

「相手になめられないように・・・」と、無理にでも自分を強く見せようとしてしまいませんか?

それ自体は、決して悪いことでは無いと思いますし、気持ちも分かる。

ですが実際の試合で勝てるかどうかというと・・・出来もしないショットに走ったり、入りもしない速いサーブに固執してしまう可能性もあり、危険。

むしろ相手に「なめられるくらいでちょうど良い」くらいに考えておくと、気持ちも楽に試合が出来るかも知れません。

 

テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

 


 

■試合序盤はエンジン全開、だけどあくまで冷静に武器を隠す

試合の序盤は、本当に大事。

特に1セットマッチのような試合では、序盤の展開から逆転していくのは難しい。

だからこそ手数もしっかり見せながら攻撃していくのですが、あくまで「自分の中で8割以上入る、確実にコントロール出来る」ペースで進めること。

無理な攻撃、は絶対に続かないことを覚悟して進めましょう。

 

■試合後半に武器を隠しておくのが、1セットマッチの鉄則

相手になめられないように、自分を強いと見せようとばかり意識すると、早く「最高の武器」をお披露目したいですよね。

でもそこは、グッと我慢。

試合の後半にとっておいて、流れをもってきたい本当に大事な場面で使うようにしましょう。

例えば私なら、一番得意なのはバックハンドストロークのダウンザラインですが、これは序盤には使わない。

むしろフォアで回り込んだり、スライスでしのぐように見せて、相手に「バックハンド、苦手かも・・・」という印象を与えておきます。

試合の終盤で相手がバックをゆっくり狙ってきたところで、しっかり得意パターンで攻撃していく。

その布石は、序盤で打っておくように意識しています。

 

■相手がどう感じているか、を冷静に見極めれば勝てる

相手がどう感じているか、がテニスの試合では一番大事。

「なめられたくない、強く見られたい」というのはアナタのエゴでしかありません。

この勘違いはよくあるケースで、実は相手がアナタを低く見ている、のではなく「すごく強いな・・・」と感じているかも知れないのです。

情報の理解を間違った方向で進めると、試合の主導権は握れない。

もちろん相手から印象を直接聞くことは試合中は出来ませんから、何かを試合の現場で感じることが大事です。

 

自分のショットが、相手にどういう印象を残したか。

これを探るコツは、「ミスしたりエースと取った後のポイント」のプレー方法によって、どういう対応策を取ってくるか。

エースだったコースをケアする?ミスしたショットを集中狙いする?

または、何も考えていなさそうに、普通にプレーする、という選手もいるでしょう。

ポイントに一喜一憂するのではなく、しっかり冷静に相手を見極める意識を持って試合に入りましょう。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. + POWER CUP について
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について

    試合前、緊張する待ち時間・・・。ココをどう自分の中で過ごすのか…

  2. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ…

  3. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に

    学生のみなさんでも、社会人、シニアのみなさんでも同じ。何かの決…

  4. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう

    試合の中で、皆さんはどんなプレーで序盤、入っていくイメージを持ってます…

  5. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

    テニスを頑張る人、色々な性格のタイプがある。しゃべるのが本当に…

  6. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

    試合で誰もが考えること。それは、まず相手をリードして、その後に…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
  2. テニス リターン

    ストローク

    ボールに合わせること、を止めてみよう
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしい…
PAGE TOP