その他

「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

「強くなるためにはどうすればいいんだろう。」

皆、そう思いながら頑張っている。

俺も常にそういったことを考えて現役時代を送っていた。

 

「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

 


 

でも強くなるためには、その前に上達しないといけないのだ。

この意味わかるかなぁ。

強い選手ってセンスだと思う?

ジョコビッチが強いのはやっぱり才能かな?

フェデラーのテニスは天才だから?

ま、そういう部分もあるだろうが、俺はそう思わないし、本人たちも「才能」なんてことで強さを認めてもらいたいとは思っていないはず

となると、世界中で頑張っているテニス選手達がそういう最強の選手のテニスに近づくためにはどうすれば良いのかと言うと、ただ打ち方とか攻撃パターンを真似するだけでは無理で、まずは彼らと同じ「成長出来るテニス選手」になることだ。

この「成長できる」ってところが大事。

こういう選手が上達して、その結果強くなるのだ。

そういう「成長できる選手」になるにはどうすれば良いか。

まずは自分を見つめて今の状況を分析できること

今の自分の位置を確かめられない人は、どこかに飛び込んで現在のレベルをちゃんと把握しよう。

それは大会でもいいし、アカデミーでも良いし、サークルやチームなんかでも良い。

そして学習能力があること、トレーニングや練習などの自己鍛錬に勤しむことが出来ることも絶対条件。

もちろん、自分がそれまで培ってきたことに自信と誇りを持っていることも大事だね。

自信がなかったり、人の良いとこばかり妬みながらテニスしている人は上達しにくい

周りとのコミュニケーションが取れないのもダメ。

ずっと家を離れて試合を転々とする遠征生活やきつくて苦しい練習を毎日し続けるためには、他の選手仲間やコーチとのコミュニケーションが重要だからね。

海外に飛び出す人は英語はもちろん、本拠地にする国の言葉も話せないときつくなる。

もちろん健康管理などのコンディショニングも、食事や休日の過ごし方で変わってくるので、分かっていないといけない。

結局テニスそのものを頑張っても、それ以外の部分がダメでは全く成長できないんだよ。

それじゃあ勝てない。
 



 

選手活動なんて、殆どがストレス

そんなストレス状態でも耐え忍び、そこから僅かなチャンスを見つけられる選手こそが、そのレベルを乗り越えて上に進んでいくんだよ。

テレビの画面見て強い選手を観戦していても、そういった部分は伝わりにくい。

表面的で外見的な強さが目立つ。

だからこそ、強い選手が練習している場所や大会の会場なんかで彼らの裏の部分を生で見て、そして接してもらいたい。

強い選手は、「強くなる要素」をちゃんと内面にも持っているってことを感じて欲しい。

強さを求めるなら、上達できる選手になってくれ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  2. テニス ミス
  3. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういった…

  4. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない

    何度か、テニス選手として「新しい環境」に入っていく重要性と意義について…

  5. テニス メンタル

    その他

    マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?

    先日、私の周りでこんな議論がありました。「マナーが良い選手は、…

  6. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「ドロップショットのちょっとしたコツ」テニスの試合では、身体が勝手に反応できると…
  2. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
PAGE TOP