その他

「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

「強くなるためにはどうすればいいんだろう。」

皆、そう思いながら頑張っている。

俺も常にそういったことを考えて現役時代を送っていた。

 

「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

 


 

でも強くなるためには、その前に上達しないといけないのだ。

この意味わかるかなぁ。

強い選手ってセンスだと思う?

ジョコビッチが強いのはやっぱり才能かな?

フェデラーのテニスは天才だから?

ま、そういう部分もあるだろうが、俺はそう思わないし、本人たちも「才能」なんてことで強さを認めてもらいたいとは思っていないはず

となると、世界中で頑張っているテニス選手達がそういう最強の選手のテニスに近づくためにはどうすれば良いのかと言うと、ただ打ち方とか攻撃パターンを真似するだけでは無理で、まずは彼らと同じ「成長出来るテニス選手」になることだ。

この「成長できる」ってところが大事。

こういう選手が上達して、その結果強くなるのだ。

そういう「成長できる選手」になるにはどうすれば良いか。

まずは自分を見つめて今の状況を分析できること

今の自分の位置を確かめられない人は、どこかに飛び込んで現在のレベルをちゃんと把握しよう。

それは大会でもいいし、アカデミーでも良いし、サークルやチームなんかでも良い。

そして学習能力があること、トレーニングや練習などの自己鍛錬に勤しむことが出来ることも絶対条件。

もちろん、自分がそれまで培ってきたことに自信と誇りを持っていることも大事だね。

自信がなかったり、人の良いとこばかり妬みながらテニスしている人は上達しにくい

周りとのコミュニケーションが取れないのもダメ。

ずっと家を離れて試合を転々とする遠征生活やきつくて苦しい練習を毎日し続けるためには、他の選手仲間やコーチとのコミュニケーションが重要だからね。

海外に飛び出す人は英語はもちろん、本拠地にする国の言葉も話せないときつくなる。

もちろん健康管理などのコンディショニングも、食事や休日の過ごし方で変わってくるので、分かっていないといけない。

結局テニスそのものを頑張っても、それ以外の部分がダメでは全く成長できないんだよ。

それじゃあ勝てない。
 



 

選手活動なんて、殆どがストレス

そんなストレス状態でも耐え忍び、そこから僅かなチャンスを見つけられる選手こそが、そのレベルを乗り越えて上に進んでいくんだよ。

テレビの画面見て強い選手を観戦していても、そういった部分は伝わりにくい。

表面的で外見的な強さが目立つ。

だからこそ、強い選手が練習している場所や大会の会場なんかで彼らの裏の部分を生で見て、そして接してもらいたい。

強い選手は、「強くなる要素」をちゃんと内面にも持っているってことを感じて欲しい。

強さを求めるなら、上達できる選手になってくれ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

  2. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方

    俺が現役で選手をやっている頃、周りの選手はシングルスで何とか結果を出そ…

  3. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ

    今回は、私が運営しているYouTubeチャンネルについて。ま…

  4. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える

    全国各地にある、テニスの強豪校と呼ばれる存在の学校。部活でしっ…

  5. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つの…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない
  4. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策…
  5. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い
PAGE TOP