テニス サーブ

サーブ

クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように

トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。

難しそうと思っていないで、ぜひ試して欲しいのがこの技術。

相手を出し抜いたり、風が強い日でもサービスゲームをキープ出来たり、良いことがたくさんありますよ。

 

クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように

 


 

1.コツは速いタイミングでラケットを振り出すこと

まずはトスを低め、で速めにラケットを前に振り出してしまう。

コツはこれだけですが、トスアップしながらもうラケットを担いでいく動作、を入れてみましょう。

まずは素振りから。

トスアップする腕、とラケットを上に上げていく腕を同じくらいのタイミングで動かしていく。

最初は慣れないかも知れませんが、トスを低め、にすれば自然にその動きの中にボールが入ってくるはずです。

ぜひ、まずはボールを持たないで素振りから練習してみて下さい。

 

2.トスアップしたボールが頂点に到達する前に、打つ!

クイックサーブ、はなぜ「クイック」なのか。

それは、トスアップしたボールが頂点に上がる前に打つ。

普通のサーブは、ボールが頂点に達して少し落ちて来たタイミングで打ちますよね。

返球し辛いクイックサーブは、この「頂点に到達する前」が大きなポイント。

相手リターンが、「うっ!」となるには、このタイミングを作ることが大事になります。

 

3.相手を出し抜いて、しかも風に強い

お勧めは、サービスゲームでリードしたポイントで打つ、ということ。

そこで相手を出し抜いてしまえば、相手は「またクイックが来るかも・・・」と思って踏み込み辛い。

タイミングが取れない、だけでリターンはすごくリズムが取れなくなります。

そして風にも強い。

相手が乱れているときに、こっちはクイックサーブで武器が増える。

こんなに良いこと、無いですよね。

 

ぜひ、クイックサーブ、練習してみることで試合に勝てるようになる。

勝てる試合、が増えると言えるでしょう。

初心者の方でも、まずはやってみる。

そこでの発見は、きっと今の自分のサーブにも活かせるはずですよ。

 

今回のまとめ

クイックサーブはタイミングさえ掴めば、試合で使える大きな武器になってくれる!

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

  2. サーブ

    セカンドサーブで行き詰まったら、この作戦

    試合の中で、セカンドサーブで行き詰まる。みなさんも経験、無いで…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた

    私が最初にテニスをテニススクールで習ったときに、サーブはこう教わりまし…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  5. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

    安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。まずイメージするの…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよ…
  2. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?
  5. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
PAGE TOP