テニス ボレー

ボレー

アングルボレー、欲を出してふらないことが一番

アングルボレーをしっかり決める、しっかりポイントを終える。

ことを考えると・・・どうしても力が入って振ってしまう、方がほとんどでしょう。

きっと、ラケット面だけでボールを飛ばす、ことを覚えれば楽になる。

試合で使えるボレーって、ほとんど振らなくても大丈夫ですから。

 

アングルボレー、欲を出してふらないことが一番

 

1.アングルボレーは、ほぼドロップボレー

勢いを出すボレー、そんなにいらないでしょう。

実際、ドロップボレーのようなニュアンス、で打つアングルボレーの方が使える。

勢いを付けるアングルボレー、本当にネットにベタ詰めしてハイボレーのような場面、だけでしょう。

むしろ失速して、相手に届かないくらいのボレーでちょうど良い。

つまり、ラケット面を先に出して良い、丁寧に当てるだけで良いと私は思いますよ。

この打ち方、勇気が要りますけど確実、です。

 

2.ラケット面でボールをコントロール、で充分

怖くないです、実際打ってみれば。

きっと、先にラケット面を作る、ボールが飛ぶ角度を作ることだけで、アングルボレーはかなり安定するはず。

「飛ばそう」と思わなくて良い。

ラケット面で良い角度を作ることだけ、で良い。

ラケットのエッジを出して、しっかりボールの横を触るくらいの意識で準備しておきましょう。

コントロール性を重視すれば、きっとラケットを振らないでも大丈夫。

繰り返しになりますが、これで充分ボールは飛んでくれます。

 

3.拾われたって、全然OK

こういう感覚、も大事です。

私もアングルボレーを使うときには、触られてOK。

ただ、その触る雰囲気、相手の性格を見てしっかり準備しておきたい。

ロブなのか、あるいは強引に打って来るのか。

浅いボールを拾うときに、人って特徴が出やすいですからね。

拾われてもOK、次にオープンスペースを活かす、ことをダブルスならペアで考えておきましょう。

 

4.山なりで、フワッとした軌道イメージで

きっと、試合で使えるのはこういうイメージ。

フワッと、浮いたようなアングルボレー。

山なりでしっかりネットを越える、ことをイメージしてしっかり打つこと。

アングルボレーって、低い打点で打つ機会が多いですからね。

ハイボレーなら多少振っても良いですが、低い位置からはラケット面セット、角度作りに徹する。

これで安定したプレーが約束されるはずです。

 

アングルボレーの軌道、ちょっと変えても良いと思います。

遅く、山なりな軌道。

このイメージで、しっかり準備しておきましょう。

ラケット面を作って、自分で壁を作るだけでOK。

きっと、実戦的なボレーはこれで充分です。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、「ボレーでは手首をこねている」から軌道が安定しないのです

    ボレーが上手い人は、本当にどこにでも打てるような雰囲気がある。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えていこう

    テニスを始めて最初の壁、それは「バックハンドボレー」だと思います。…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリップワークとは?

    ネットプレーが上手いプレイヤーは、前後の駆け引きと打ち分ける技術がしっ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあり…

  6. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス センス

    その他

    テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う
  2. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されま…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう
  4. テニス 雨

    メンタル

    上達し続けるテニス選手は、「永遠の初心者」であり続けている
  5. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識する…
PAGE TOP