ボレー

ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?

私はよくYouTubeで見たりしてますが、特に凄いなと思うのが、アングルボレーの角度。

もう、絶対に取れないようなところ、を狙って来ますからね。

みなさんも、これはぜひ真似して欲しいポイント。

ちょっと過激な例え、に今回はしてみました。

 

ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

 


 

1.ビンタするつもりで!

ネットにつめて、ボールをビンタする。

ちょっと過激な表現ですが、ボールを横からバシッ!と打つ感じ。

そうすると、ボールはどこに飛んでいくでしょうか?

ほぼ、ネットと並行に飛んで相手の後衛も触れないような場所、に飛んでいく。

ビンタするつもりで、しっかりラケットをボールの外側に入れる。

これが一番のポイントです。

 

2.ボールに先回り、出来ればビンタ出来る

ポーチに出て、アングルに打てない人はこの意識が足りない。

ボールの軌道の後ろ、にしっかりは入れていないんです。

出だしから遅れて、飛びつくようなボレーになってしまうから、逆クロスにしか打てない、コントロール出来ない。

もっと先に動いて、余裕を持ってビンタ出来るくらいじゃないと、本当に有効なアングルボレーは打てないですよね。

しっかり詰めて、ネットと並行に打つ。

後衛にも前衛にも、向かっていかないボレーをしっかり打てるようになりましょう!

 

3.まずはフォアのアングルボレーから

ビンタしやすいのは、やっぱりフォアハンドから。

右利きの方なら、右側に来たボールをアングルで左側、にしっかり打てるようにならないと決定力が出ない。

ラケットの先をしっかり立てて、小指から前に出していく感じですね。

ボールのどこを触るのか、ビンタするのか。

そのラケット面の作り方で、全ては決まります。

コントロール勝負ですから、ボールに速さや強さはいらない。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.このボレーが打てないと、ダブルスの試合は決まらない

ポーチで前衛に打っても拾われる、前に落としても、後衛の選手の足が早ければ追いつかれる。

こういった経験、みなさんもたくさんあると思います。

アングルボレーで純クロス、に打てないと結局ダブルスの試合はポイントを決めることが出来ないんです。

ダブルスの試合に勝ちたければ、ネットに詰めて並行にアングルボレー。

最初から上手くいかなくても良い。

とにかく、必要性を感じて練習することが大事です。

 

相手からすると、これを決められると本当に嫌なんです。

もう、追う気力も湧かないですからね。

「クロスに打てないな・・・どうしよう・・・」となってしまうので、試合がすごくやりやすくなる。

ボールを横からビンタする。

この感覚で少しでもみなさんのヒントになれば、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと

    ダブルスの試合で、ポーチが必要なのも分かった。そして、早めに動…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  3. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアップ!

    バックハンドボレー、どうしても力は入り辛いですよね。片手でも両…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こ…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割

    ボレーのコントロールがなかなか上手くいかない人は、自分で難しくしている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  2. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人が、やりがちなミス5つ
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
PAGE TOP