ボレー

ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?

私はよくYouTubeで見たりしてますが、特に凄いなと思うのが、アングルボレーの角度。

もう、絶対に取れないようなところ、を狙って来ますからね。

みなさんも、これはぜひ真似して欲しいポイント。

ちょっと過激な例え、に今回はしてみました。

 

ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

 


 

1.ビンタするつもりで!

ネットにつめて、ボールをビンタする。

ちょっと過激な表現ですが、ボールを横からバシッ!と打つ感じ。

そうすると、ボールはどこに飛んでいくでしょうか?

ほぼ、ネットと並行に飛んで相手の後衛も触れないような場所、に飛んでいく。

ビンタするつもりで、しっかりラケットをボールの外側に入れる。

これが一番のポイントです。

 

2.ボールに先回り、出来ればビンタ出来る

ポーチに出て、アングルに打てない人はこの意識が足りない。

ボールの軌道の後ろ、にしっかりは入れていないんです。

出だしから遅れて、飛びつくようなボレーになってしまうから、逆クロスにしか打てない、コントロール出来ない。

もっと先に動いて、余裕を持ってビンタ出来るくらいじゃないと、本当に有効なアングルボレーは打てないですよね。

しっかり詰めて、ネットと並行に打つ。

後衛にも前衛にも、向かっていかないボレーをしっかり打てるようになりましょう!

 

3.まずはフォアのアングルボレーから

ビンタしやすいのは、やっぱりフォアハンドから。

右利きの方なら、右側に来たボールをアングルで左側、にしっかり打てるようにならないと決定力が出ない。

ラケットの先をしっかり立てて、小指から前に出していく感じですね。

ボールのどこを触るのか、ビンタするのか。

そのラケット面の作り方で、全ては決まります。

コントロール勝負ですから、ボールに速さや強さはいらない。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.このボレーが打てないと、ダブルスの試合は決まらない

ポーチで前衛に打っても拾われる、前に落としても、後衛の選手の足が早ければ追いつかれる。

こういった経験、みなさんもたくさんあると思います。

アングルボレーで純クロス、に打てないと結局ダブルスの試合はポイントを決めることが出来ないんです。

ダブルスの試合に勝ちたければ、ネットに詰めて並行にアングルボレー。

最初から上手くいかなくても良い。

とにかく、必要性を感じて練習することが大事です。

 

相手からすると、これを決められると本当に嫌なんです。

もう、追う気力も湧かないですからね。

「クロスに打てないな・・・どうしよう・・・」となってしまうので、試合がすごくやりやすくなる。

ボールを横からビンタする。

この感覚で少しでもみなさんのヒントになれば、嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  2. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう

    ネットプレーで相手に迫るなら、とにかくネットに詰めること!と書…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと

    ダブルスの試合で、ポーチが必要なのも分かった。そして、早めに動…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

    ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。テニスでは、…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない
  2. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、試合で勝てない
  4. テニス 練習

    メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!
  5. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
PAGE TOP