テニス ストローク

スマッシュ

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返されてしまう。

特に、ネットに近い位置にいる、ということはどういうことか。

シングルスでもダブルスでも、必要なのはこの考え方です。

 

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

 

ネット近くは、攻撃的だけど危険な場所

この自覚、ありますか?

前に詰めて、「よし、チャンス!!」と思って決めようと思っても、相手コートベースラインに深く打ってしまうと、相手に触られる。

そして当然、がら空きの後ろのスペースを使われますよね。

いくら深くて、重いボールでも、ロブを上げることは実は難しくない。

そうやって切り返されてしまう、のがネットに詰めているときには怖いんです。

 

ネットに詰めたら、積極的に前を使おう

特にダブルスでは、前に詰めても後ろに2人がいる・・・ような場面、多いですよね。

ドロップボレー、アングルボレーが打てれば、何も怖くありません。

相手が打つ前に、しっかり「次は前に落とすぞ!」と決めて、罠を張る。

前に詰めている時点で、相手がロブを打って来る可能性も高い。

しっかり前でボレー出来る、ネットに近い位置でのボレーでは、早めに相手を浅いボールで仕留めることが大事なのです。

 

ロブ処理が苦手な人ほど、ロブを打たれ続けている

テニスでは不思議ですが、「ロブが苦手なんです・・・」と言う人ほど、相手がロブを上げやすいシチュエーションを作っている。

自覚が無いんですよね。

相手を深く追い込む、ベースラインに深く打つボールだけが、テニスで良いボールだと思っている。

そんな先入観は捨てましょう。

練習から、ネットに詰めてドロップ、アングルボレー、これは必須です。

もちろん深く打つ、ときも必要ですが、必ずロブとセットで考えること、自分のポジションを把握しておくこと。

練習で出来ないと、試合でも出来ないですよ。

 

きっと、無意識のうちに相手に切り返されている。

そこには、シンプルな法則があります。

攻撃しているようで、実は自分も危険な場所にいるということ。

客観的に自分を見つめれば、自然に分かってくるでしょう。

関連記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

    スマッシュの決定力は、反応次第。相手のロブにいかに早く気付けて…

  3. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  4. スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに移そう

    ただ力任せにスマッシュを打っても、なかなか決まらない。決まらな…

  6. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ
  4. テニス リターン

    その他

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント
  5. その他

    テニスの「ラケットでの球出し」にはテクニックが必要!その為に、身に付けたい技術に…
PAGE TOP