テニス ストローク

スマッシュ

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返されてしまう。

特に、ネットに近い位置にいる、ということはどういうことか。

シングルスでもダブルスでも、必要なのはこの考え方です。

 

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

 

1.ネット近くは、攻撃的だけど危険な場所

この自覚、ありますか?

前に詰めて、「よし、チャンス!!」と思って決めようと思っても、相手コートベースラインに深く打ってしまうと、相手に触られる。

そして当然、がら空きの後ろのスペースを使われますよね。

いくら深くて、重いボールでも、ロブを上げることは実は難しくない。

そうやって切り返されてしまう、のがネットに詰めているときには怖いんです。

 

2.ネットに詰めたら、積極的に前を使おう

特にダブルスでは、前に詰めても後ろに2人がいる・・・ような場面、多いですよね。

ドロップボレー、アングルボレーが打てれば、何も怖くありません。

相手が打つ前に、しっかり「次は前に落とすぞ!」と決めて、罠を張る。

前に詰めている時点で、相手がロブを打って来る可能性も高い。

しっかり前でボレー出来る、ネットに近い位置でのボレーでは、早めに相手を浅いボールで仕留めることが大事なのです。

 

3.ロブ処理が苦手な人ほど、ロブを打たれ続けている

テニスでは不思議ですが、「ロブが苦手なんです・・・」と言う人ほど、相手がロブを上げやすいシチュエーションを作っている。

自覚が無いんですよね。

相手を深く追い込む、ベースラインに深く打つボールだけが、テニスで良いボールだと思っている。

そんな先入観は捨てましょう。

練習から、ネットに詰めてドロップ、アングルボレー、これは必須です。

もちろん深く打つ、ときも必要ですが、必ずロブとセットで考えること、自分のポジションを把握しておくこと。

練習で出来ないと、試合でも出来ないですよ。

 

きっと、無意識のうちに相手に切り返されている。

そこには、シンプルな法則があります。

攻撃しているようで、実は自分も危険な場所にいるということ。

客観的に自分を見つめれば、自然に分かってくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  5. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

    テニスにおける最大のチャンス・・・。色々ありますが、高いバウン…

  6. テニス スマッシュ

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか
  2. テニス 調子

    メンタル

    テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」とい…
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  4. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?
  5. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる
PAGE TOP