テニス ストローク

スマッシュ

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返されてしまう。

特に、ネットに近い位置にいる、ということはどういうことか。

シングルスでもダブルスでも、必要なのはこの考え方です。

 

ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

 

ネット近くは、攻撃的だけど危険な場所

この自覚、ありますか?

前に詰めて、「よし、チャンス!!」と思って決めようと思っても、相手コートベースラインに深く打ってしまうと、相手に触られる。

そして当然、がら空きの後ろのスペースを使われますよね。

いくら深くて、重いボールでも、ロブを上げることは実は難しくない。

そうやって切り返されてしまう、のがネットに詰めているときには怖いんです。

 

ネットに詰めたら、積極的に前を使おう

特にダブルスでは、前に詰めても後ろに2人がいる・・・ような場面、多いですよね。

ドロップボレー、アングルボレーが打てれば、何も怖くありません。

相手が打つ前に、しっかり「次は前に落とすぞ!」と決めて、罠を張る。

前に詰めている時点で、相手がロブを打って来る可能性も高い。

しっかり前でボレー出来る、ネットに近い位置でのボレーでは、早めに相手を浅いボールで仕留めることが大事なのです。

 

ロブ処理が苦手な人ほど、ロブを打たれ続けている

テニスでは不思議ですが、「ロブが苦手なんです・・・」と言う人ほど、相手がロブを上げやすいシチュエーションを作っている。

自覚が無いんですよね。

相手を深く追い込む、ベースラインに深く打つボールだけが、テニスで良いボールだと思っている。

そんな先入観は捨てましょう。

練習から、ネットに詰めてドロップ、アングルボレー、これは必須です。

もちろん深く打つ、ときも必要ですが、必ずロブとセットで考えること、自分のポジションを把握しておくこと。

練習で出来ないと、試合でも出来ないですよ。

 

きっと、無意識のうちに相手に切り返されている。

そこには、シンプルな法則があります。

攻撃しているようで、実は自分も危険な場所にいるということ。

客観的に自分を見つめれば、自然に分かってくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

    試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。つい浅い場所に叩き…

  3. スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

  4. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り出し…

  5. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、いつまで経ってもスマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

    テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です
  2. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ま…
  3. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました
  4. ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てる…
PAGE TOP