テニス 戦術

リターン

セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。

リターンの場面で、ここは強気にいきたいところ、ですね。

まずは前に出る、しっかり並行陣でプレッシャーをかける。

相手の考えていることを想定してみて下さい。

きっと、ロブという選択肢をケアしないといけない、となりますよ。

 

セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

 

1.相手はロブ、で逃げて来る

セカンドサーブで、相手がサーブ&ボレーして来ない、ような場面。

こういう時には、まずロブを警戒したい。

こちらがセカンドサーブをリターンして前に出る、2人で並行陣のような恰好になれば、きっと相手は逃げて来ます。

サーブを打つこと、入れることで精いっぱいなレベルの方も多いですからね。

相手が前に来ると、とっさに上、に逃げたくなるんですよ。

これを、逃す手は無い。

前衛と一緒に、しっかりケアしていきましょう。

 

2.前に出るのは、ロブを誘う為

ぜひ、リターンするアナタと、味方の前衛、で示し合わせておきましょう。

サーブを打ったら少し下がって、ロブを誘う。

そこをしっかり、スマッシュを打とう!と。

もし相手が普通に返球して来たら、普通の並行陣に戻せば良い。

慌てず、まずはスマッシュチャンスを作りたいんですよね。

その為の、リターンダッシュからの並行陣、ですから。

ダブルスで連携すれば、相手のサーバーにしっかりプレッシャーをかけられる。

きっと、サービスブレイクも見えてくるはずです。

 

3.相手のサーバーを、絶望に追い込もう

イメージするだけで、苦しいですよね。

自分は何とかセカンドサーブを入れても、それを打って前に出る、ロブで逃げてもスマッシュを打たれる。

恐らく、かなり落ち込んでサーブを打ちたくなくなる。

焦ってどうして良いか分からない、となるはずなんですよ。

初中級レベルの相手なら、これで充分メンタルを折れる。

相手が逃げたいところを、ペアでふさぐ。

リターンダッシュからのロブケア、はその基本ですよ。

 

4.並行陣への対抗策が、ロブしかないとこうなってしまう

実は、こういう方多いんです。

相手が前に来たら、もうロブしかない。

なぜなら、それである程度ポイントが取れてしまうから、です。

スマッシュが苦手な人も多いですからね。

もっと上のレベルになれば、きっちり足元に沈めて来るような相手もいますが、ここが一つの壁でしょう。

アナタ自身、厳しいと思いませんか?ロブしかない・・・となると。

だからこそ、自分は選択肢を拡げるような練習をする。

ロブしか打てない相手は、そこをふさぐ。

これで楽に、ダブルスは勝てるはずですよ。

 

リターンゲームこそ、ちょっとした工夫で楽に取れる。

これは、ダブルスならではでしょう。

リターンダッシュ、セカンドサーブからは特に有効です。

アナタ自身、ぜひ磨いてみて下さい。

キーワードは、ペアと連携して、ですね!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

  2. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  3. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

    リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。…

  4. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  6. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ

    私自身は、バックハンドストロークは片手で打っているのですが、学生時代は…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  2. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い
  3. その他

    「テニスコーチとして一番重要なこと」に気付かされた先輩コーチからの相談ときっかけ…
  4. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよ…
PAGE TOP