テニス ダブルス

リターン

攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

ダブルスの試合で、相手が並行陣。

こういう相手には、どういうリターンが効果的で、どう攻略していけば良いのか。

しっかり策を持っておかないと、サーブ&ボレーでどんどん押し込まれてしまいます。

今回も、私が実際に試合で使っているリターン、についてまとめてみました。

 

攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

 


 

1.低めの押し込むロブ

まず、相手が前に出てくるわけですから、当然ロブを使います。

ただし、上に打ち上げるだけのロブ、ではダメ。

しっかり相手を下げる、低めのロブ、をリターンから使っていきたい。

打ち上げるだけのロブだと、相手も楽にスマッシュを打てますからね。

試合の序盤なら、アウトしても良い。

とにかく、リターンから攻撃的なロブを打っていく、という姿勢を相手に見せておく。

前に出てくるような相手、をしっかり足止めする。

これが大事なんですよね。

 

2.足元に沈めて、前に出る

これが一番、私が使う戦略です。

相手サーブを打ってきた相手に、しっかりまずは沈めてローボレーを打たせる。

そしてその次、はリターンを打ったアナタ自身が前に出て、ボレー戦に持ち込んでいく。

リターンから、こちらも並行陣を敷いていく感じ、ですね。

相手はローボレー、を打つ訳ですから浮いてくる可能性も大。

とにかく、気持ちよくファーストボレー、を打たせないことが第一。

そのために、沈めるだけじゃなく前に出る、というアクションが大事なんですよね。

 

3.相手前衛にボレーさせていく

つまり、ストレートにも積極的に展開していく。

リズム良くサーブ&ボレー、をさせていくこと、を避けるのが大事ですからね。

相手前衛、をどんどん試合に参加させていきましょう。

特に、サーブがノリノリの選手に、ボールを集めることは無いですよ。

ポーチに出てくるような前衛、のときはもちろん、動いてこないような相手であっても前衛にアタックしていくこと、は大事でしょう。

相手前衛、にボレーをさせていく位強気な姿勢、リターンでは大事ですよ。

 

4.センターに向かって強気のリターン

相手ペアのセンター、をリターンから突いていく。

どうしても、ストレート、クロスと決めて打つと・・・ミスも増える。

サイドアウトしてしまうような時には、とにかくセンターを狙いましょう。

センターストラップ、の上を狙うことでネットが一番低い位置を通過させること、も出来ますしね。

前衛に出られても、慌てず対応していきましょう。

とにかく、シンプルにセンターを狙うことでリターンミス、は減るでしょう。

きっと、こういうコースを持っておくと試合でも楽になりますよ。

 

5.味方の前衛を使うリタ―ン

とにかく、相手が強いなら味方の前衛を使うこと、も大事。

前衛、と書きましたがパートナーですね。

足元に沈めることが出来るなら、その後のボールはポーチチャンス。

そして、攻撃的なリターンが難しいなら、前衛であるパートナーに下がってもらって対応する、ことも必要でしょう。

2バック、からチャンスを狙うことも、実は並行陣に対抗する有効な手段。

ひたすら前で勝負する、ことだけが並行陣への対抗策じゃない。

味方のパートナー、どうやったら活かせるのか。

これを考えておくことも、大事なポイントですよ。

 

並行陣、リターンから崩していけると強いですよ。

逆に、手が無いとどんどん相手のペースで押し込まれていく。

バリエーションの多いリターン、が打てれば相手も迷い、前に出る出足が鈍くなる。

まずはそこから、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう

    試合で意外と多い、ボディへのサーブ。でもその対策は、いつも何と…

  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  3. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

    必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。アナタ自身が試合…

  5. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  6. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない
  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ
  5. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
PAGE TOP