テニス ストローク

リターン

逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。

リターンの時に必要な、逆クロスへのイメージ。

今回は、なぜこのコースへの対応が必要なのか、についてもまとめてみたいと思います。

ダブルスの試合で勝ち上がりたいなら、このポイントは避けて通れないでしょう。

 

逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

 


 

1.センターへのサーブへの対策、絶対に必要

ダブルスの試合、みなさんも感じているはずです。

強い相手は、センターへのサーブが上手い。

そして、そのサーブと前衛の動きを連動させてきて、大きなプレッシャーをリターン側にかけてくる。

ここへの対応策、が必ず求められるのが上位ダブルスでの試合です。

でも、なかなかセンターへのサーブ、への対抗策が無いのが現状じゃないでしょうか?

キーワードは、逆クロス。

しっかりセンターへのサーブを逆クロス、方向へ打っていくこと、重要ですよね。

 

2.逆クロス方向へのリターンは、コンパクトにいこう

私の中では、これが大原則。

クロス方向へのリターンは、多少ラケットを振っても良い、入ってくれる。

でも、センターへのサーブは横にラケットを振ったらまず入らない。

しっかりボレーのような感覚で、ラケットを小さく縦に動かす。

スピンでもスライスでも良い、但しラケットを上下に少し動かすだけ。

だって、厳しいセンターへのサーブは、やっと手を伸ばして届く程度、でしょうから。

その時に、しっかり逆クロスにコントロールできるかどうか。

そこに、コンパクトさ、は欠かせないでしょう。

 

3.前に踏み込んで、横向きをキープ!

コンパクトにラケットを動かす、基本が出来れば次はこれ。

とにかく、センターへのサーブは前に入って打つこと。

そして、ターンした身体の横向き、をキープして打ち終わること、を意識してみて下さい。

横向きで終わる、ことが出来るようになると、逆クロス方向へのリターンはすごく安定します。

すごく大げさに言うと、相手に背中を向けたまま打つ、ような感覚で良いと思います。

私はバックハンド、片手でリターンしていくときには、この「相手に背中を向けること」を意識しています。

ちょっとしたコツですが、お勧めです!

 

4.背中を向けて打てば、自然に可動域は狭くなる

これが事実、じゃないでしょうか。

実際に、相手に背中を向けると・・・どうでしょう。

打点は少し後ろになりますが、ラケットの可動域が狭くなって動きがコンパクトになる。

「でも打点が後ろだと、力入らないんじゃない?」と思う方もいると思います。

確かに、そうです。

でも、前に踏み込んでいく力を使えば、きっと小さい力でもボールを飛ばすことはできます。

逆クロス方向へのリターンに、力はいりません。

必要なのは、前でさばくタイミングと身体の使い方、でしょう。

 

きっと、逆クロス方向へのリターン、まだまだ改善の余地あり、です。

踏み込んでしっかり打つ、ことが基本ですが、よりシンプルに考えていきましょう。

コツさえつかめば、きっと大丈夫。

センターへのサーブを攻略すれば、きっと相手も乱れてくるでしょう。

アナタの倒すべき相手は、まずセンターへのサーブから攻略していかいないと、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  3. テニス 調子
  4. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

  5. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方法

    テニスの試合、流れが変わりやすい場面ってどんなときでしょうか?…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる
  2. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはま…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら大胆に動く」ことが大前提
PAGE TOP