テニス カープ

練習メニュー

プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。

彼らの強さが色々なところで特集されていますが、中でも私が着目したのは素振りの徹底。

キャンプから各自20,000回。

そしてもっと重要なのは、シーズン中でも遠征先の駐車場などで素振りを行っていたということ。

私たちテニス選手も、学ぶべき点がたくさんあるように思います。

 

プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

 


 

■他の選手が「休んでいるとき」でしか、差を作れない

遠征先で練習する機会は、実際は少ないと効きました。

当然調整程度の練習はしますが、プロ野球の世界では、やはりキャンプで作り込んだ技術でシーズンを勝負していくのが基本。

大事なのは、「他の選手が休んでいるときに、自分はやってきた」という事実を作ること。

自分自身の自信になっていくのは、言うまでもありません。

 

■「やらないと、気持ち悪い」という段階にまでもっていこう

もしアナタが学生で、本当に上を目指している選手なら、ぜひ素振りやトレーニングは日課にして欲しい。

1日、10分で良いんです。

「これをやらないと、落ち着いて寝れない」という感覚になるまで、習慣化させましょう。

アナタも寝る前、歯を磨かないと気持ち悪くて寝れないですよね?

それと一緒です。

素振りしないと、どこかやり残したような気分になるくらいまで、自分の中で習慣化させてみて欲しい。

そこまで来れば、後は楽に継続出来るでしょう。

 

■トップの選手が走り続けるチームは、強い

広島カープが強かった原因は、首位打者と呼ばれるようなトップの成績を残している選手が、率先して素振りを行っていたということ。

普通成績を残していれば、どこか怠けたり自身過多になったりするもの。

ですが、そこを「まだまだ、自分は足りない」と考えて愚直に素振りやトレーニングを行う。

この姿勢は、必ずチームメイトに伝わります。

トップの選手が圧倒的に前を走るから、それを追いかける選手が前に、前にと成長していくのがテニス。

アナタのテニスチーム、部活、サークルはどうですか?

No.1の選手が成績を出しているのを良いことに、サボっていると・・・それはチームとして、終わりに近いでしょう。

 

私にも、苦い経験があります。

偉そうに書いていますが、自分が成績を残し始めるとトレーニングをサボったり、すぐに調子に乗っていました。

だからこそ、こうやって後悔しています。

でも後悔しても仕方無いので、こうやって今、記事を書いています。

日々続けていくことの重要性を、少しでも忘れない為に。

皆さんも素振り、トレーニング、テニスノートを書く・・・なんでも良いので、継続していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない

    テニスの練習って、みなさん普段どんな感じでしょう部活やサークル…

  2. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

    普段の練習で、意識したいこと。私たちはつい、「練習の為の、練習…

  3. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  4. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

    普段の部活や練習の中で、「ポイント練習」をする機会も多いと思います。…

  5. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    他人を尊重出来ないなら、コートから退場
  2. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ
PAGE TOP