テニス クレーコート

ストローク

攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない

頂くご質問の中に、「どうしてプロの選手のストロークは、攻撃的で正確なのか?」という内容が多くあります。

たくさんの要因があるでしょうが、一般の私たちのプレーと一番違う部分はココかも知れません。

プロ選手は、お互いに信じられないような速いラリーの中を、生きている。

だからこそ、相手が打った瞬間の想像力、判断力が凄いんだと思います。

 

攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない

 


 

1.相手が打ってから、自分のコートの「どこで、どう打つのか?」を決めるのがテニス

相手が打ってから、自分のコートにバウンドし、自分が打つ。

ボレーなら、バウンドする前、もっと速いタイミングで自分が打っていく。

つまり、想像力が無いとテニスって難しいスポーツ、なんですね。

打ってから考える、のも大事だけど、そんな悠長な時間は無い。

パッと見て、自分のコートのどこに飛んで来て、どう打つのか。

決める速さ、が攻撃的で正確なショット、の肝になるのです。

 

2.普段の練習から、判断速度を早めていこう!

何となく、で練習していても磨かれない。

相手が打った瞬間に、どこに落ちて、自分がどう打つのか。

打った瞬間、に「これだ!」と決める、判断する勇気、アナタにあるでしょうか?

どう見ても、バウンドするまでラケットも引かない、足も止まっていない。

ポワーンとした頭でテニスをしていても、試合に勝てる選手にはなれませんよ。

 

3.相手のラケットと打点に、目線を集中する

ネットを挟んだ相手、からしかボールは発射されない。

ラケットを、打点をしっかり見る。

最初に飛び出したボールの軌道から、その先を予測する。

テニス選手って、すごくこの「目力」が大事です。

視力が良い、だけとは違う。

しっかり見て、身体を反応させる力。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

まさに今、全仏オープンの試合を観ている方も多いはず。

テレビの試合でも、相手が打った瞬間に「どこに落ちるのか?」を判断するには、良い練習になります。

実際にコートに立ったら、もっと大変ですけどね。

とにかくこの瞬時の判断力、想定力は、根気よく磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく

    苦手意識って、怖い。無意識のうちに、自分で全ての反応が遅れてい…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させてみましょう

    「しっかり下半身を使って!」と、アドバイスを受けているテニスプレイヤー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない
  2. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
  3. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる
  5. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」よ…
PAGE TOP