テニス スライス

ストローク

テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていないかの差はどこに出るのか。

その一つは、「浅いボール」に対する反応の違い。

浅いボールへ素早く反応できて自分のチャンスに変えていける人は、試合でも攻撃的に良いプレーが出来る。

逆に試合に出ていない、勝てない人は反応が遅く、ノットアップ=2バウンドしても素知らぬ顔でラリーを繋げる。

もっとこの「浅いボール」に対して、早く気付けるような意識を持ちましょう。

 

テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

 


 

■「深視力」を鍛える意識、ありますか?

視力の中でも、テニスでは「深視力」が求められます。

つまり、奥にあるのか手前にあるのか、その前後の距離感はどれくらいかを瞬時に判断する視力が、優れているかどうか。

この視力は、日々の練習の中でトレーニングできます。

実際に相手が打ったボールの深さを判断するうえで、大事なポイントはどこでしょうか?

 

■「音」、「フォーム」、「癖」からも情報を得る

相手の打球を見て、浅い、深いを素早く判断することは大事です。

その際には、ぜひ相手が打ったときの打球音、フォーム、それからそもそも浅くなりがちな「癖」にも意識しましょう。

相手の当たり損ないでも、浅いボールは反応が遅れるとアナタ側が不利になってしまう。

しっかり浅いボールに速く気付くことができれば、反応早く攻撃していくことが出来ますよね

普段の練習の中から、相手とラリーしながらどういうときのボールが浅くなるのかを、自分の中で整理してみて下さい。

必ず何かしらの特徴があるはずです。

 

■「浅いボールを引き出す」ことを意識してラリーする

レベルが上がってくれば、ストローク戦で浅いボールは当然攻撃されます。

その浅いボールを引き出す攻撃が出来るかどうか、が大事になってきます。

相手をただ左右に振るだけでは、ボールは浅くなりません。

アナタ自身がときにはアングルショットを交えて、相手を意図的に前後にも動かす必要があるでしょう。

浅いボールは自分は攻撃の際に意図的に打ち、相手には意図しないところで打たせる。

このリズムを普段の練習から磨いていきましょう。

 

もうお気付きかと思いますが、浅いボールに速く気付いて反応しても、そこからの攻撃の精度が低ければ意味が無い。

相手がそれを知ってしまえば、意図的に前におびき出されてポイントを獲られてしまうパターンが出来て苦しくなりますね。

その為にも、アプローチショットからの展開、または浅いボールをアプローチ・・・と見せてドロップショット等、攻撃のパターンを工夫しましょう。

ストローク戦でも、より攻撃的になれるはずです!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  2. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

  3. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう

    テニスの試合、特に男性の学生の方で多いのがこのタイプ。グリグリ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミング」を合わせてみよ…

    「早く準備すること」を第一に考えていても、リズムが取れなくて良いストロ…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識していこう!

    全米オープンも佳境に入り、錦織選手の活躍も光ってますね。改めて…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
  2. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  4. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  5. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
PAGE TOP