ストローク

ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

錦織選手の活躍で、脚光を浴びているショットと言えばドロップショットでしょう。

テレビのニュースハイライトでも、何度も決まっている場面が放送されますよね。

ですが、そのドロップショットの成功の影には、前のショットが必ず影響している。

この意識があるかないかで、試合で使えるショットに出来るかどうかが変わります。

 

ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

 


 

■ドロップショットは、その前のショットとセットで考える

ドロップショットはそのショットがいかに優れていても、相手が前にいたら簡単に切り返される。

ベースライン上でも、危ない。

確実に相手を深く押し込んだときにこそ、威力を発揮するショット、それがドロップショットです。

そう考えると、ドロップショットは必ず一つ前のショットとセットで考える。

深いボールでしっかり相手を押し込めた、次も深いボールを警戒している、という段階にもっていけて初めて効果があるのです。

 

■苦し紛れのドロップショットは、陥りやすい罠

プロ選手だって、やってしまうんです。

錦織選手も、ジョコビッチ選手も、調子が悪いときほど無理にドロップショットに頼ろうとする。

その前のショットの布石が無いのに、です。

これだと入っても拾われるし、そもそも苦し紛れなので入る確率も低い。

この罠には、はまらないようにいつも注意しておく必要があるでしょう。

 

■深いショットを打った後、相手のポジションはどうなっている?

アナタが深いショットを打った後、相手のポジションはどうでしょうか?

試合慣れしていない相手であれば、そのまま深い位置にいてくれるかも知れない。

そんな相手には、積極的にドロップショットを使いましょう。

多少甘くなっても良い。

深い位置にいるのに、ひたすら深いショットばかり打っていても、逆効果。

強い相手は、必ず打った後にポジションを戻してくる。

そんな相手には、「何度でも深いボール、打つぞ!」という気持ちと演技、を見せておきましょう。

そうなるとジワジワ、ポジションを下げてくれるはずです。

 

ドロップショットだけではありません。

テニスの各ショットは、必ずその前のショットが布石になっている。

布石になっているかどうか、自分でしっかり相手の動作を確認しておくことが大事です。

効いているのか、いないのか。

布石が効いていないのに次の技を繰り出そうとすると・・・カウンターを喰らう。

ドロップショットを例に、一度攻撃の形を見直してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

    スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。…

  2. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  3. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  4. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

    ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?私は昔から、フォアハ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  3. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
  4. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
PAGE TOP