テニス メンタル

ダブルス

本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

良いときは良い。

何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気も良い。

でも、大事なのは上手くいかなくなったとき。

ダブルスは、特にその時にこそ強さが問われます。

 

本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

 


 

例えばリターン、パートナーが苦しいとき・・・どうですか?

ダブルスの試合、リターンは交互に担当していく。

そのときに、例えばアナタがデュースサイド、パートナーがアドバンテージサイドだとして、ポイントを獲っては獲られ・・・を繰り返すと、どう思いますか?

「何だよ・・・俺が何回先行しても、毎回ミスってたらゲーム取れないじゃん・・・」と、思ったりすること、ありますよね。

これは、非常にダブルスらしくない発想。

こんな時こそ、「今は自分が踏ん張るとき、そしてパートナーの調子を待つとき」と考える。

リターンは、どうしても調子が合って来るまで時間がかかるときもある。

それが、ダブルスの試合。

だからこそ、支え合っていかないと試合には勝てないのです。

 

相手の攻撃に耐えるのが上手いペアは、やっぱり試合に強い

パートナーと一緒に、守りのポイントをしっかり作れるかどうか?

信頼関係が薄いペアだと、パートナーが相手にチャンスボールを与えると「何やってんだ!」と思って、もう逃げる感じになる。

信頼関係が強いペアだと、パートナーの返球が甘くなることも、想定している。

そして、自分でカバー出来る範囲を少しでも広げよう、担当しようと必死になる。

この差って、結構大きいですよ。

攻撃に耐えるポイントが、きっと試合の流れを作る。

ダブルスの試合は、特にそうですよね。

 

信頼関係は、小さい習慣で作れる

「では、何をすれば良いんですか?」ということですよね。

私は、テニスの練習以上にお互いを知ること、が大事だと思います。

もっと言えば、テニス以外の時間を一緒に過ごす、ことですね。

テニスを始めたきっかけや、普段から何が好きで何が苦手なのか・・・も、知っておく。

なぜなら、そういった小さい部分が全部、テニスに現れるからです。

苦しいとき、は一緒に苦しむ。

だからこそ、苦しみそうな段階から気付けることは出来ると、きっとダブルスパートナーとしても成長していけると思いますよ。

 

いかに、苦しいゲームを乗り切るのか。

デュースを繰り返したようなゲームを、最後でもぎ取れるのかどうか。

それは、やっぱりパートナーとしての絆、我慢出来る、苦しみを支え合えるペアが成し遂げられること、だと思います。

ダブルスペアと、改めて話してみませんか?

「最近、調子どう・・・?」くらいの感じで。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    絶対に勝ちたいダブルスの試合で、私が実際に使用している「4つの基本的作戦」について

    私がダブルスの試合に出る、そして絶対に勝ちたい試合で準備する作戦はシン…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを

    ダブルスの試合で、真価が問われる場面。それは、失点した後のコミ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです

    ダブルスの試合、バックボレーは狙い目。特に相手に触らせていく、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

    ダブルスの試合、初中級の方でもぜひ実践して欲しいこと、それは並…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上…
  3. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ
  4. テニス 準備

    リターン

    テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターン…
  5. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
PAGE TOP