テニス ダブルス

ダブルス

「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

ダブルスペアとして、完成度を高めたい。

今年こそ・・・と考えているペアの方は、一度考えてみて欲しい問題。

実はうやむやになっている部分、多いと思います。

ペアでの話し合い、から今年は始めてみませんか?

 

「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

 

1.目標が違う

目指す目標、倒したい相手が違うと、試合では致命的です。

最後の最後、で頑張れるかどうかの部分に差が出てしまうダブルスペア、結構試合会場で多い。

「頑張ってない訳じゃないんだけど・・・」みたいな感じで、どこかもどかしい。

今一度、自分たちペアが目指す先、辿り着きたい部分を確認しておきましょう。

いつまでに、というキーワードも忘れずに。

 

2.お互いの弱点を補えていない

しっかりとお互いを知り、まずは弱点となる部分をお互いでケアしていくことがダブルスでは大事。

バックハンドボレーが苦手なら、どうやれば打たないで済むのか。

後衛からの配球で、工夫出来ますよね。

スマッシュが苦手なら、最初から捨てて前で詰めてポーチに集中する、ことだって出来る。

弱点を補っていくことが、実は攻撃力も高めていくようなことも多い。

お互い、「実はココが苦手なんだけど・・・」というのを改めて確認しておくと良いでしょう。

 

3.カウントに応じたプレーがズレている

例えば30-30、アナタペアがサーブ、という場面では、どういうスタンスでいくのか。

攻撃?守備?

いずれにせよ、ペアとしっかり共通認識が持てているのかが大事。

片方のペアが攻撃しようと思っても、連携出来ていないとダブルスでは弱い。

相手からすると、守備的な選手に逃げれば問題無い訳ですからね。

一度、各シチュエーションごとにどういうスタンスでゲームを進めていくのか、話し合ってみて下さい。

 

4.コミュニケーション不足

ダブルスペアで上手くいかないのが、大抵これが原因。

コート内外で、話し合う回数が足りない。

よくあるのが、「何を話て良いのか分からない・・・」という声。

そんなに大した会話、どの強豪ペアもしてないですよ。

試合中は対戦相手のペアの特徴について、コート外ではテニス以外もこともたくさん話す。

ことでお互いを知り、尊重出来るダブルスペアに成長していけるのです。

 

5.ペアを心の底から信じること

ダブルスは、前衛後衛の信頼関係が第一。

ここが中途半端だと、ダブルスペアとして上手くいかない。

後衛を信じて、前衛はポーチに飛び込んでいくし、その前衛をどう活かすかを後衛の選手は考える。

決めた作戦は失敗しても実行する、やり切ることが出来ていればペアとしては成功。

ポイントを獲った、獲られた、だけに目がいってしまわないようにするだけで、ダブルスペアとして強くなれるはずです。

 

抽象的な内容も多かった今回のテーマですが、皆さんにも当てはまる項目、いくつかあったと思います。

色々な問題は、存在して当たり前。

まずは気付くこと。

そしてペアで話し合い、相手を受け入れること。

そうすれば、もっともっと、強いダブルスペアになれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
  2. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  4. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手い…
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について
PAGE TOP