テニス ダブルス

ダブルス

「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

ダブルスペアとして、完成度を高めたい。

今年こそ・・・と考えているペアの方は、一度考えてみて欲しい問題。

実はうやむやになっている部分、多いと思います。

ペアでの話し合い、から今年は始めてみませんか?

 

「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

 


 

1.目標が違う

目指す目標、倒したい相手が違うと、試合では致命的です。

最後の最後、で頑張れるかどうかの部分に差が出てしまうダブルスペア、結構試合会場で多い。

「頑張ってない訳じゃないんだけど・・・」みたいな感じで、どこかもどかしい。

今一度、自分たちペアが目指す先、辿り着きたい部分を確認しておきましょう。

いつまでに、というキーワードも忘れずに。

 

2.お互いの弱点を補えていない

しっかりとお互いを知り、まずは弱点となる部分をお互いでケアしていくことがダブルスでは大事。

バックハンドボレーが苦手なら、どうやれば打たないで済むのか。

後衛からの配球で、工夫出来ますよね。

スマッシュが苦手なら、最初から捨てて前で詰めてポーチに集中する、ことだって出来る。

弱点を補っていくことが、実は攻撃力も高めていくようなことも多い。

お互い、「実はココが苦手なんだけど・・・」というのを改めて確認しておくと良いでしょう。

 

3.カウントに応じたプレーがズレている

例えば30-30、アナタペアがサーブ、という場面では、どういうスタンスでいくのか。

攻撃?守備?

いずれにせよ、ペアとしっかり共通認識が持てているのかが大事。

片方のペアが攻撃しようと思っても、連携出来ていないとダブルスでは弱い。

相手からすると、守備的な選手に逃げれば問題無い訳ですからね。

一度、各シチュエーションごとにどういうスタンスでゲームを進めていくのか、話し合ってみて下さい。

 

4.コミュニケーション不足

ダブルスペアで上手くいかないのが、大抵これが原因。

コート内外で、話し合う回数が足りない。

よくあるのが、「何を話て良いのか分からない・・・」という声。

そんなに大した会話、どの強豪ペアもしてないですよ。

試合中は対戦相手のペアの特徴について、コート外ではテニス以外もこともたくさん話す。

ことでお互いを知り、尊重出来るダブルスペアに成長していけるのです。

 

5.ペアを心の底から信じること

ダブルスは、前衛後衛の信頼関係が第一。

ここが中途半端だと、ダブルスペアとして上手くいかない。

後衛を信じて、前衛はポーチに飛び込んでいくし、その前衛をどう活かすかを後衛の選手は考える。

決めた作戦は失敗しても実行する、やり切ることが出来ていればペアとしては成功。

ポイントを獲った、獲られた、だけに目がいってしまわないようにするだけで、ダブルスペアとして強くなれるはずです。

 

抽象的な内容も多かった今回のテーマですが、皆さんにも当てはまる項目、いくつかあったと思います。

色々な問題は、存在して当たり前。

まずは気付くこと。

そしてペアで話し合い、相手を受け入れること。

そうすれば、もっともっと、強いダブルスペアになれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を

    ダブルスペア、自分たちのペアに差がある・・・。自分が上、下、色…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

    ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?やっぱり後衛…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

    全国各地の草トーナメント、学生のダブルス試合でたまに見かけるのが、「相…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
  2. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
  3. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
  4. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊…
PAGE TOP