テニス ストローク

ストローク

攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるということ。

もちろんスピン系のショットも両方に使えますが、スライスのメリットって、何でしょう。

この部分をしっかり考えていくと、アナタのテニスの幅を広げていく良いきっかけになると思います!

 

攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

 

■守備的な場面、相手が後ろにいるなら「高い軌道のスライスで深く」

まずは守備的な場面。

相手が後ろ、ベースラインにいるのであればスライスでもしっかり軌道を高くしても良い。

ただ粘っている、だけのように見えるかも知れませんが、相手のボールが深い、走らされているときには軌道の高さは必要です。

良い意味で、相手を「イライラさせる」ことも出来ますしね。

前に詰めて来るような相手、でなければあえてスライスの山なりなショットを混ぜるのはシングルスでもダブルスでも有り。

心理戦を仕掛けていくつもりで、やってみて下さい。

 

■攻撃のメリットは、ネットプレーとの相性の良さ!

攻撃で言えば、やはりネットプレーにつなげやすいということ。

スピン系のショットでもアプローチからのネット、は可能ですが、ボールが速くなりがちだしグリップチェンジも大変。

スライスだと、そのままのグリップで良いしボールの速度も遅め、コントロール性もスピンより高い。

まず、試合に出初めの方はこのスライスショットを相手のバック側に打って、前に出てそのままボレー、という基本パターンから磨いてみて下さい。

難しく考えず、攻撃にスライスを使ってみる、という視点が大事だと思います。

 

■スライスを入れること自体で、アナタのストロークにメリハリが生まれる

まずは、「スライスを混ぜる」だけでアナタのストロークは変わる。

プロ野球のピッチャーも、緩い変化球を入れて自分のストレートを「速く見せる」ことを実践していますよね。

それと同じです。

スライスが打てれば、今までのスピンが相手にとっては早く感じる。

そのスライスも、粘るのか、攻撃的に前に出るのかで使い分けてメリハリを加えていく。

これでアナタも、立派なオールラウンドプレイヤーです。

 

スライスショットは、まず使ってみること。

グリップも打感も、全てはそこから始まります。

最初はポワーンと上に飛んで、そこからどう軌道を直していくのか・・・ですね。

ぜひ、普段の練習からスライスを試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、アナタの「特別なショット」になっていては試合で勝てるはずがない

    相手と差を生み出すショット、皆さんは何ですか?フォアハンドスト…

  2. ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する

    ボールを打つのはラケットである。ラケットを持っているのは手だよね。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出そう

    昨日はデビスカップ、観戦に行ってまいりました。改めてフランスチ…

  4. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

    自分のプレーを見直したいとき。この基本を、まずは意識してみて欲…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くしてみよう

    ストロークの打点が毎回違う人は、試合で安定感が無い。打点が変わ…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. 練習メニュー

    テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパタ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?
  3. テニス 名著

    その他

    説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない
  5. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
PAGE TOP