テニス ストローク

ストローク

攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるということ。

もちろんスピン系のショットも両方に使えますが、スライスのメリットって、何でしょう。

この部分をしっかり考えていくと、アナタのテニスの幅を広げていく良いきっかけになると思います!

 

攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

 

■守備的な場面、相手が後ろにいるなら「高い軌道のスライスで深く」

まずは守備的な場面。

相手が後ろ、ベースラインにいるのであればスライスでもしっかり軌道を高くしても良い。

ただ粘っている、だけのように見えるかも知れませんが、相手のボールが深い、走らされているときには軌道の高さは必要です。

良い意味で、相手を「イライラさせる」ことも出来ますしね。

前に詰めて来るような相手、でなければあえてスライスの山なりなショットを混ぜるのはシングルスでもダブルスでも有り。

心理戦を仕掛けていくつもりで、やってみて下さい。

 

■攻撃のメリットは、ネットプレーとの相性の良さ!

攻撃で言えば、やはりネットプレーにつなげやすいということ。

スピン系のショットでもアプローチからのネット、は可能ですが、ボールが速くなりがちだしグリップチェンジも大変。

スライスだと、そのままのグリップで良いしボールの速度も遅め、コントロール性もスピンより高い。

まず、試合に出初めの方はこのスライスショットを相手のバック側に打って、前に出てそのままボレー、という基本パターンから磨いてみて下さい。

難しく考えず、攻撃にスライスを使ってみる、という視点が大事だと思います。

 

■スライスを入れること自体で、アナタのストロークにメリハリが生まれる

まずは、「スライスを混ぜる」だけでアナタのストロークは変わる。

プロ野球のピッチャーも、緩い変化球を入れて自分のストレートを「速く見せる」ことを実践していますよね。

それと同じです。

スライスが打てれば、今までのスピンが相手にとっては早く感じる。

そのスライスも、粘るのか、攻撃的に前に出るのかで使い分けてメリハリを加えていく。

これでアナタも、立派なオールラウンドプレイヤーです。

 

スライスショットは、まず使ってみること。

グリップも打感も、全てはそこから始まります。

最初はポワーンと上に飛んで、そこからどう軌道を直していくのか・・・ですね。

ぜひ、普段の練習からスライスを試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    逆クロスのストロークは、腕先よりも身体の向きでコントロールすれば楽

    ストロークのコントロールを、「腕先」だけでやろうとしている人は、意外と…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!

    シングルスの試合でドロップショットを使いたい・・・。だけど拾わ…

  4. ストローク

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相手の…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない…

    ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしま…

  6. ストローク

    テニスの試合で使えるフォアハンドを武器にしたいなら、「パワー以外の方向性」をお勧めする4つの理由

    男性なら特に、こう考える人が多いんじゃないでしょうか。「フォアハン…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「男女でのラリーをどう戦うか」に隠されている
  3. ボレー

    低い打点でのボレーは、無理やりスライスをかけようとしないでフラット気味でも良いと…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らかです
  5. サーブ

    テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウ…
PAGE TOP