テニス メンタル

メンタル

自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。

ですが、試合に勝ちたい、今より強いテニスにしていくには謙虚に学ぶ姿勢は最低限必要。

でも、こんな人・・・結構周りに多くないですか?

口では謙虚でも、心とかけ離れている人。

意外と、周りからはバレバレですよ。

自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

1.口では「教えて!」と言ってるけど・・・

私もたくさん、テニススクールや部活で観てきました。

一見謙虚でテニスに一生懸命、学ぼうと色々聞いてくる・・・。

でもその人は、「自分を褒めて欲しい」だけ。

自分自身にテニスのセンスがあって、上手くなるのが当たり前と心では思っているので、アドバイスを選んでいる。

自分の耳が痛い言葉は、聞いているだけで実践しない。

口では謙虚に言っていますが、行動が伴っていない人は大抵コレ。

どこかで自分は「センスがある」と勘違いしているんです。

2.仮にセンスがあったとしても、それは仇となる

もし仮に、すごく優れたセンス、感覚があったとしましょう。

最初はそれだけで、上達も早い。

ですが、言うまでもなく必ず壁にぶつかります。

そして、地道に努力してきた人と違って、その壁は高く乗り越え慣れていないから、しんどくなる。

中途半端にセンスがある人は、テニスの試合で勝つのが難しい。

3回戦を突破する、くらいで結果が止まる。

そしてラケットを置いていく・・・ような選手、実はたくさんいるような気がしてなりません。

センスって、あったらあったですごく危険、なんです。

3.テニスを教わりたければ、本気で自分を変える覚悟から

「本気の覚悟」は、人に伝わる。

特に実力のある指導者や、著名なコーチはすぐ分かる。

「あ、コイツは本当に変わろうとしているな・・・」と。

センスがある人は、自分を変える必要性を感じない。

それもまた、すぐ伝わる。

アナタ自身・・・どうですか?

本気で自分を変えたい、進化させたいと思ってコートに立てていますか?

 

この自問自答は、常に繰り返してこそ強いテニス選手になっていくのです。

私自身、苦い反省をもとに書いています。

センスがある、と思って自分を信じてやってきた時期もありました。

そう思うことで、自分は他とは違うと思いたかった。

でも、それって虚栄でしかない。

センスはなくて良い、ないからこそ変化出来るし新しいものを取り入れやすい。

そう考えてみると、楽になりませんか?

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備しておこう

    「また繰り返してしまうのか・・・」と思うミス。そう、試合では、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  4. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がします

    よく前向きな思考は、全てに必要・・・みたいなことを言われます。…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

    試合で必要なメンタル。練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読め…
  3. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  4. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
  5. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
PAGE TOP