テニス メンタル

その他

アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

目次

テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。

実績が無いというのもコンプレックスに感じている人が多いし、なんだか「今」に集中できていないように見える。

心配しなくても、過去なんてアナタが操作するべきことじゃない。

こういう感覚で、気にし過ぎないのが一番だと思います。

 

アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

 


 

1.自分の過去は変えられない?

確かに、変えられません。

タイムマシンがあってやり直したい、自分に言いたいことはみなさんもたくさんあるでしょうが、それは出来ない。

ですが、不思議なことに自分の過去の評価については、どんどん変わっていく。

それは、自分が起こす行動によって周りが変えてくれるんです。

不思議ですが。

私自身、中学と高校の頃のテニスなんて目も当てられないくらい酷かった・・・ですが、こうやって記事に出来るネタがたくさんある、ということは、悪くない過去なのかも知れない。

そう思うようになってきました。

それも、このサイトを運営して皆さんからたくさんの声を頂いたからこそ、芽生えてきた感覚だと思います。

 

2.過去のことを考え続けても、何も変わらない

過去を変えたいなら、今出来ることを変えていく。

テニスでも一緒です。

何も考えないで過ごしていると、過去と同じような過去、に今現在もなってしまう。

少しずつ新しいことに挑戦したり、自分を変えていけば、自分の過去の見られ方だって変わる。

何も行動を興さないで日々、過去を思い出してはコンプレックスを抱えている人は、どこかで殻を破らないと試合でも勝てない、ですよ。

 

3.自分の未来と他人の評価、は避けて通れない

テニスの試合は、必ず結果が出る。

試合結果だけでなく、日々アナタ自身は周りから評価されていることを受け入れる。

「自分の好きにやってるから、良いんだ!」という人も、いるでしょう。

ですが、あくまで統計的な私の感覚ですが、テニスの試合で本当に強くなる、結果を出せる人はしっかり周りの評価を気にしているし、自分の未来に期待している。

今の実力、環境の中で何が出来るのか。

過去を変えていくのは、自分の未来と他人の評価、です。

 

偉そうに書いてますが、私自身、まだまだ自分の過去と戦ってます。

あの試合、あのポイント、あの場面・・・なんであんなことしたんだろう、と思い出すことばかりです。

でも、たまにある分には、それで良い。

その想いがあるからこそ、今を頑張って過去も正しかったと言いたい。

と、中二病みたいにふと考える機会がありましたので、書いてみました。

取り留めの無い文章で、すみません・・・。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. Note はじめました
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. その他

    + POWER CUP について

    本日、公示させて頂きました大会、「+ POWER CUP」。…

  2. その他

    自分探しは、発信から

    このGWは、過去に自分が公開・発信してきた動画や記事を確認してました…

  3. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

    テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。仕事の成果、…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる

    部活の練習中に、「ファイトー!」「ファイトー!」という声、皆さんは出し…

  5. テニス 目

    その他

    相手の速いショットを返球出来ない人は、「速いボールを見るコツ」を意識してみよう!

    テニスもレベルが上がってくると、当然相手のボールも早くなる。速…

  6. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

    テニスの試合会場では、いつもの練習とは違う独特の雰囲気で包まれています…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
  2. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう
  3. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう
  4. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について
  5. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を
PAGE TOP