テニス メンタル

サーブ

サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来るはず

サーブを打つ前、緊張しますよね。

これは、テニスの試合では避けて通れません。

だからこそ、具体的な工夫と準備が大事。

ちょっとしたことですが、サーブを打つ前の動作、まだまだ改善出来ると思います。

私自身が意識しているリラックス方法、の一つはこれです。

 

サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来るはず

 

1.サーブも、まずはスタンスを決めるところから

サーブを打つ前、の動作。

まず、打つ場所を決めますよね。

自分でしっかり、いつも通りの場所からリラックスして打ちたい。

実際に、みなさんこの打つ場所に入るときに、どんな感じで入りますか?

これも、大事なルーティン作業の一つ、です。

良いサーブを打つ人は、このサーブに入るスタンスを決める段階から、リラックスして良いオーラが出ている。

アナタ自身、それを創り出すことが出来ればきっとサービスゲームも安定してくるはず。

ポイントは、足の裏、どこからコートに着地するか?です。

 

2.そんな細かいことまで!?

と、思うかも知れませんね。

私は、必ず踵から着地して、つま先をセットする。

実際には、後ろ足からセットして、前足を置く。

この一連の動作を、確実に丁寧に行うようにしています。

私は右利きですが、まず右足の踵の場所を決めて、その後右足のつま先をセット。

その後に、左足の踵を決めて、最後に左足のつま先、という流れで足をセットします。

純粋に、後ろから前、に4箇所を丁寧に決めていく。

こういう動作で、心って落ち着くんです。

この動作、家でも練習出来ますし、やってみると分かると思いますが、実際の歩く動作と同じです。

だから難しいことなんて、何も無いはず。

ゆっくり足を決めることが出来ると、サーブを打つ前の緊張もほぐれるでしょう。

 

3.つま先から決めると、窮屈なフォームになる

ストロークでもボレーでもそうですが、つま先から入ってしまうと窮屈になります。

融通が利かないので、ちょっとしたズレに対応出来ないんですよね。

その点、踵から入ってつま先で微調整、の癖が付いていると、テニスではちょっとした変化に対応出来る。

実際に、サーブのトスアップが乱れることもありますよね。

踵から入ってつま先セット、の形だと、つま先で微調整することも出来るんです。

つま先が常に軽い状態、になりますからね。

騙されたと思って、足のセット方法から変えてみて下さい。

きっと、リラックスしてサーブが打てると思いますよ。

 

4.サーブ上手は、場の雰囲気を作るのが上手い

この足のセットにしても、一つの儀式ですから。

サーブを打つ前、に自分が「良いサーブ」を打てるような空気を作る、演出です。

大袈裟な話?ですかね?

サーブを打つのは、間違いなくそのサーバーであるアナタ自身。

打つ前から、相手を自分の世界に引き込む、観客をも引き込んでいく。

そういう選手って、打つ前の動作がなめらかで美しい。

ぜひ、動画で試合の現場を撮影してみて下さい。

サーブを打つ前の雰囲気、でほとんど分かるはずです。

良いサーブを打てそうか、そうで無いかは。

 

こういう「打つ前の動作」は、自分で作れます。

自分で作って、雰囲気を出す。

テニス選手なら、これは絶対に必要なことなんです。

試合に勝ちたい、強くなりたいなら、雰囲気から真似してみるのも有り。

足のセット方法でリラックス+良い雰囲気、どんどん出していきましょう!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

    ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。センターはポー…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果的!

    サーブの種類は色々ありますが、組み合わせることも出来ることはあまり知ら…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに・・・

    試合では、ほとんど観る機会がない「アンダーサーブ」。セカンドサ…

  4. テニス サーブ
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない
  3. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  4. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント
  5. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
PAGE TOP