テニス ストローク

練習メニュー

素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

良いショット、良いスウィングが出来たとき。

それってきっと、まさに「素振りをしているような感じ」だったりしませんか?

まるで打った感覚が無いような・・・錯覚にも陥るくらい、自然に打てて身体に負担も無い。

ぜひ、この「素振りがベースのスウィング」を皆さんも意識して欲しいと思います。

必ず、「これだ!」という振り抜き、見つかるはずですよ。

素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

1.素振りと現実の差、をまずは知ろう!

皆さんの中で、普段少しの時間でも良いので素振りをしている方、どの程度いるでしょうか?

私自身、たまに家でするくらいですが・・・この素振り、奥が深いです。

「良い素振り」が出来る人って、実は少ない。

しっかり振り抜いて、打点をイメージしながらゆっくり、ゆっくり振ってみて下さい。

その形を確認してから、スウィングのスピードを上げていく。

最初から、速く振っていくだけの素振りだと、おかしな型が身に付いてしまう。

前に大きく、しっかりフィニッシュまで振ってみる。

自分が納得のいく素振り、出来てるか確認してみましょう。

そして実際の試合、で振っている形と、何が違うのか。

ぜひ、動画で撮影したりして確認して欲しいんです。

2.実際の試合では、ボールに合わせる動きが必要になる

当然、ボールを打ち返すときには足を動かして打点に入らないといけない。

素振りのようなスウィング、をするためには、まず良い場所に自分から動いていかないといけないですよね。

同時に、ラケットの準備、テイクバックは終えていないといけない。

本当に忙しいのが、試合の現場です。

「素振りの中にボールを入れる」のには、これだけのハードルがある。

でも、理想は高く、しっかりこの素振りのスウィングで大事なポイントもラケットを振っていくことが大事。

私がオススメするのは、「速く振り出してしまうこと」です。

3.速過ぎるくらいで、ちょうど良い打点に

これは、向かってくるボールの速い、遅いに関係ありません。

とにかく速く、ラケットを振り出してみる。

皆さんまだまだ、ゆったり悠長に待っている方が多い気がします。

ボールがバウンドする前に全ての準備を終え、「ちょっと早いかな」くらいのタイミングでラケットを前に振り出してみて下さい。

きっと、素振りに近い、力を入れなくても飛んでいく打点でストロークを打てるはず。

ボレーは、ちょっと違います。

少し引き付ける感覚が大事。

ストロークは、きっともっと、速いタイミングでテイクバック、ラケットダウン、振り出し、振り抜き、で良いと思います。

4.ボールの軌道をイメージしながら素振りをしてみよう

今その場で、少し腕だけでも振ってみませんか?

相手のボールが向かって来る、そのときにいつもよりも全てを速く終えてみる。

すると、どうでしょう。

結構余裕が出来て、攻撃的なスウィング、でストロークが打てそうな感じしませんか?

これこそまさに、「素振りの中にボールが入って来る感覚」だと思います。

毎回素振りの型、は変えない。

だからこそ、ストロークも安定する。

打点を前で確保する為には、出だしを速くするに限りますね。

あくまで私のコツ、ですので、上手く皆さんにもはまると良いのですが・・・。

テニススクールで、球出し練習で後ろに並んでいるとき、待っているときは素振りのチャンス。

もちろん、周りの人にラケットが当たらないようにケアしながら、ですが。

ラケットを持たないで、ステップと腕だけ、でも良いでしょう。

タイミングを早めたストロークの準備、振り出し、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

  2. テニス 部活
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

    錦織選手が日本人男子で過去最高ランクの4位をマークした。これは…

  4. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず
  2. ボレー

    ダブルスの試合で、誘うことは出来ても決められる前衛は少ない
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでダウンザラインに展開するときには、「今いる自分のポジション」をしっか…
  5. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる
PAGE TOP