テニス 練習

サーブ

「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。

プロ選手でもサービスキープには苦労する、そんな試合が多いのも事実。

このサイトを観て頂いてる女性の皆さんの中にも、「サーブが苦手で・・・」と悩んでいる方、多いんじゃないでしょうか。

そんな方に、伝えたい。

試合で使えるためには、ポイントを整理して準備すること。

サーブ力を鍛えることも大事ですが、今あるサーブ力でもきっと工夫次第でまだまだ勝てるはず!です。

 

「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

 


 

1.深いサーブで浅いリターンを引き出す

まずはサーブの深さ、を意識しましょう。

深いサーブは、相手のリターンの打点が後ろになって返球が浅くなりやすい。

浅いリターンからは、きっとアナタの展開で攻撃していくのが有効になる。

まずは相手のリターンを、いかに浅くするかを考えてサーブの深さを意識しましょう。

 

2.しっかりトスアップを前に上げる

女子選手の皆さんのサーブは、トスが後ろ気味の人が多い。

これでは体重が乗ったサーブも打てないですし、打った後にも後ろで守備するような後ろ向きな意識になりがち。

しっかり膝を使って、打った後には「自分のコート内」に着地するようなサーブに変えていきましょう。

そうすることで、よりアグレッシブなイメージでプレー出来るはずです。

 

3.狙うコースは7割がバックハンド側、3割がフォアハンド側でスタートする

狙いは予め、試合前に決めておきましょう。

オススメは7割をバック側に集めておいて、しっかり意識させる。

その中で、フォアハンド側にも散らしていくイメージです。

狙った結果のフォルト、ならOK。

相手にも狙っているということが伝われば、それがプレッシャーになっていくでしょう。

 

4.自分のサーブを好きになること

一番大事です。

暗示でも良い、自分のサーブをまずは「好き」になって欲しい。

自信が無い人は、きっと成功体験が無いのと理想が高いんだと思う。

もっと自分のテニスに必要なもの、現実的なラインを、自分のサーブに求めていきませんか?

それが達成出来れば、充分アナタのサーブは機能している、から良いサーブと言える。

「自分のサーブ、悪くないよ」くらいの感覚、まずは練習から意識してみて下さい。

 

サーブの良し悪し、はどこで判断するのか。

まずは結果となっている、サービスキープ率に神経を使いましょう。

普段の練習試合から、アナタ自身でキープ率に意識を強く持つ。

初心者の方は全てのゲームが同じような感じかも知れませんが、やっぱりテニスはサービスゲームが楽しい。

そう思えるように、試合で活かせるポイントを考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  3. サーブ

    ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?

    テニスの試合は、キープやブレイク、の繰り返し。必ずどちらかの…

  4. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値

    昨日、学生リーグ戦の試合を観戦して来て、一番感じたこと。上を目…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

特集記事

  1. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
  2. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません
  3. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!
PAGE TOP