テニス 練習

サーブ

「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。

プロ選手でもサービスキープには苦労する、そんな試合が多いのも事実。

このサイトを観て頂いてる女性の皆さんの中にも、「サーブが苦手で・・・」と悩んでいる方、多いんじゃないでしょうか。

そんな方に、伝えたい。

試合で使えるためには、ポイントを整理して準備すること。

サーブ力を鍛えることも大事ですが、今あるサーブ力でもきっと工夫次第でまだまだ勝てるはず!です。

 

「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

 


 

1.深いサーブで浅いリターンを引き出す

まずはサーブの深さ、を意識しましょう。

深いサーブは、相手のリターンの打点が後ろになって返球が浅くなりやすい。

浅いリターンからは、きっとアナタの展開で攻撃していくのが有効になる。

まずは相手のリターンを、いかに浅くするかを考えてサーブの深さを意識しましょう。

 

2.しっかりトスアップを前に上げる

女子選手の皆さんのサーブは、トスが後ろ気味の人が多い。

これでは体重が乗ったサーブも打てないですし、打った後にも後ろで守備するような後ろ向きな意識になりがち。

しっかり膝を使って、打った後には「自分のコート内」に着地するようなサーブに変えていきましょう。

そうすることで、よりアグレッシブなイメージでプレー出来るはずです。

 

3.狙うコースは7割がバックハンド側、3割がフォアハンド側でスタートする

狙いは予め、試合前に決めておきましょう。

オススメは7割をバック側に集めておいて、しっかり意識させる。

その中で、フォアハンド側にも散らしていくイメージです。

狙った結果のフォルト、ならOK。

相手にも狙っているということが伝われば、それがプレッシャーになっていくでしょう。

 

4.自分のサーブを好きになること

一番大事です。

暗示でも良い、自分のサーブをまずは「好き」になって欲しい。

自信が無い人は、きっと成功体験が無いのと理想が高いんだと思う。

もっと自分のテニスに必要なもの、現実的なラインを、自分のサーブに求めていきませんか?

それが達成出来れば、充分アナタのサーブは機能している、から良いサーブと言える。

「自分のサーブ、悪くないよ」くらいの感覚、まずは練習から意識してみて下さい。

 

サーブの良し悪し、はどこで判断するのか。

まずは結果となっている、サービスキープ率に神経を使いましょう。

普段の練習試合から、アナタ自身でキープ率に意識を強く持つ。

初心者の方は全てのゲームが同じような感じかも知れませんが、やっぱりテニスはサービスゲームが楽しい。

そう思えるように、試合で活かせるポイントを考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  2. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分かること

    サーブが良い、自信のある選手はその「構え」にオーラがあります。…

  3. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  4. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ

    試合で使う、サーブ&ボレー。でも、なかなか成功しない、ミスのイ…

  5. テニス 攻撃
  6. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
  2. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  3. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、バランスボールを・・・?
  5. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない
PAGE TOP