テニス ハードコート

練習メニュー

テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を

みんなと同じ、それで良いの?

テニスでは、みんなと「差」を付けていかないと試合では勝てない。

周りの人、いつも一緒に練習するメンバーに対しては、「上から目線」を意識しましょう。

あえて、この言葉を使いたいと思います。

 

テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を

 


 

1.「上から目線」なんて、けしからん?

言葉のニュアンスで誤解されますが、私は必要だと思う。

周りのみんな、部活やサークルの仲間より、一歩先を高い目線から観る。

決して周囲を見下して横柄な態度を取る、訳ではありません。

今練習していること、今後の試合や自分が目指すテニス。

周りと同じ目線では、いつまで経っても「抜けて」出ることは出来ませんよ。

 

2.自分が刺激を求めて行動していけば、目線は自然に上がってくる

アナタ自身、刺激を受けて行動出来ているだろうか。

毎日同じ、明日も明後日も同じことを、どこかで期待していないか?

テニスを強くしていくうえで、それは危険な発想。

自然にぬるま湯に浸かってしまわないように、常に自分は新しい、上の目線を求めていかないといけない。

その為に、こんな考え方はどうでしょうか?

 

3.キャプテンで無い人も、「チームの監督目線」になってみよう

もしアナタが、この今いるチームの監督になったら・・・?

どうにかして地区大会を突破して、全国に出たい。

そう考えると、必要なものは何かとそれをどう実現するかを考えますよね。

自分のテニスも、より客観的に観れるようになる。

実際に将来、そういう経験をするかも知れない。

テニスでなくとも部下を持ち、チームをまとめていく仕事を経験していくでしょう。

そんなときに、「周りと同じ目線」しか持てないと・・・それってすごく、怖いことになりませんか?

 

自分なりの目線を持っているかどうか、それはどこまで観えているのか。

いつでも意識して、損は無い。

周りと同じことに、危機感を持たないと。

テニスの試合で強くなるには、習慣を変えて考え方を変えていかないと無理です。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

  2. 練習メニュー

    毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合

    試合と練習、明確な違いは何か。私は、基本はこれだと思います。…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

    今年も始まりましたね、ウィンブルドン。この大会の特徴は、何と言…

  5. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
  2. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分…
  3. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、決めて待てる人
PAGE TOP