テニス 部活

その他

明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こう

アナタは今、テニスをプレーしている方でしょうか。

もしくは観戦を楽しむ方、かも知れませんね。

いずれにせよ、テニスというスポーツに何かしらで関わっている方だと思います。

試合に出ている方であれば、厳しい戦いが続く、心が折れそうになることもあるでしょう。

そんなときに考えて欲しいのが、このことです。

 

明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こう

 


 

■プロ選手でも無いのに、周りの人の為って大げさ?

私はそうは思いません。

アナタにも必ず、支えてくれている人、ファンとなるような人はいる。

家族や仲間、一度頭の中でイメージしてみて下さい。

みんながアナタのテニスを支えている。

このことを、大事な試合の前には必ず、思い出すようにしてみて下さい。

きっと試合の中での最後の頑張りが、全然違うはずです。

 

■ラケット、ウェア、テニスコート・・・全ては、誰かが用意してくれている

私は高校時代、感情が高ぶってラケットを3本折ったことがあります。

ここで偉そうに書けるほどの人間ではない、と今でも思っています。

でもそのとき、先輩に言われた一言が今でも心に刺さっています。

「ラケットもテニスウェアもテニスコートも、お前一人では何も準備出来ないんだぞ」という言葉。

当たり前ですが、テニスは一人では出来ない。

感謝の気持ちを持って、試合に臨む、精進していく。

用具を作ってくれた人、テニスコートを整備してくれた人も、アナタに関わった大事な人です。

試合に強い選手は、この強い意志を持っているのです。

 

■「感謝したい人を集めた動画」を自分なりに作成してみよう

昨年大躍進した日本ラグビーチームですが、試合前に、あるVTRをみんなで観たそうです。

今まで戦ってきた仲間、代表選考に漏れた選手、その家族・・・みんなが代表選手の試合前に、メッセージを動画で贈る。

サプライズ的な要素もあって、選手たちは大いに奮起し、結果的に南アフリカのチームを破る大番狂わせを演じることになったのです。

アナタ自身、試合前に観る動画、写真を一度整理してみませんか?

「この人の為に頑張りたい」と思える人、絶対身近にいるはずです。

試合前に自分を強くしてくれる、そんな時間を作ってみてはどうでしょうか。

 

人に感謝出来れば、行動が変わる。

試合の中で、最後まで諦めない「理由」が出来ますからね。

行動が変わらない人って結局、心から感謝している訳では無い。

関わってきた全ての人に感謝して、大事な試合は戦い抜きましょう。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  2. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

  3. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  4. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

    今はまさに季節に変わり目。少し前まで寒かったと思ったら、20度…

  5. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  6. テニス ダブルス

    その他

    「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

    皆さんは、こんな経験無いですか?自分の親くらいの年齢の人とテニ…

特集記事

  1. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?
  2. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう
  3. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出…
PAGE TOP