テニス サーブ

サーブ

ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と決めて試合に入ろう

以前にプロ選手の試合を生で観戦していたときに、感じたこと。

実は・・・セカンドサーブの方が、ラケットを「振っている」選手が多いんじゃないか?という疑問。

皆さんにも、非常に参考になる部分があると思います。

そう、ダブルフォルトに悩んでいる全ての選手、にこそです。

 

ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と決めて試合に入ろう

 

先入観を、とっぱらおう!

いつ誰が、決めたんでしょう。

「ファーストサーブは強く鋭く、セカンドサーブは緩く遅く・・・」って。

腕を振り切る速度、スピードは、ファーストサーブもセカンドサーブも同じ。

これを変えているうちは、いつまで経ってもサーブは安定しない。

力を加減しようとするから、サーブは安定しないことに気付かないと。

そして気付いたら、もう少し意識を上げて、この段階までもっていきましょう!

 

セカンドサーブの方が、ラケットを鋭く振ろう!

私は、このきっかけを掴んでから、試合に強くなりました。

セカンドサーブはある程度コースを狙い過ぎない分、しっかり回転をかけてバウンド後の失速を防ぎたい。

だから、よりラケットは速く鋭く、振っていかないといけない。

ファーストサーブ以上に、ラケットヘッドが走るように、意識して振っています。

打点は少し自分に近く、後ろに設定しているので、より軌道は山なりになる。

でも回転は多くかかる、から安定してサーブが入る。

イメージ・・・沸いて来ましたか?

 

振り切って入らなかったサーブは、気にならない

ダブルフォルトでも、しっかり振ったセカンドサーブなら大丈夫。

自分の中でしっかり打った自信があれば、何も後悔は無いはず。

振り切れないときに、ダブルフォルトは引きずってしまう。

相手もそれに気付いて、攻撃的になっていく。

とにかくセカンドを振り切る相手って、嫌じゃないですか?

もちろん、技術的な部分の改善は不可欠です。

でも大前提として、セカンドサーブの方がラケットを振る!くらいの気持ちは、大事ですし試合向きです。

 

ダブルフォルト病は、じっとしていても治りません。

何かを行動に興して、自分でしっくりくる部分を見つけないと。

行動を興した数だけ、チャンスがあります。

今回のネタも、一つのヒント。

これで改善される人もいれば、出来ない人もいるでしょう。

試した人だけが、次の進めますし、試合にも勝てるようになるのです。

 

今回のまとめ

セカンドサーブの方がファーストサーブよりラケットを振る!くらいの気持ちで試合に入ろう

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 攻撃
  2. テニス メンタル
  3. サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからストロ…

  4. サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

    身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブと…

  5. サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

    サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. テニス ラグビー

    その他

    帝京大学ラグビー部に学ぶ、「体育会の負の部分を取り去る勇気」はテニス部にもとても…
  2. ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために
  3. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために…
  4. その他

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  5. その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?
PAGE TOP