テニス サーブ

サーブ

ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と決めて試合に入ろう

以前にプロ選手の試合を生で観戦していたときに、感じたこと。

実は・・・セカンドサーブの方が、ラケットを「振っている」選手が多いんじゃないか?という疑問。

皆さんにも、非常に参考になる部分があると思います。

そう、ダブルフォルトに悩んでいる全ての選手、にこそです。

 

ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と決めて試合に入ろう

 

先入観を、とっぱらおう!

いつ誰が、決めたんでしょう。

「ファーストサーブは強く鋭く、セカンドサーブは緩く遅く・・・」って。

腕を振り切る速度、スピードは、ファーストサーブもセカンドサーブも同じ。

これを変えているうちは、いつまで経ってもサーブは安定しない。

力を加減しようとするから、サーブは安定しないことに気付かないと。

そして気付いたら、もう少し意識を上げて、この段階までもっていきましょう!

 

セカンドサーブの方が、ラケットを鋭く振ろう!

私は、このきっかけを掴んでから、試合に強くなりました。

セカンドサーブはある程度コースを狙い過ぎない分、しっかり回転をかけてバウンド後の失速を防ぎたい。

だから、よりラケットは速く鋭く、振っていかないといけない。

ファーストサーブ以上に、ラケットヘッドが走るように、意識して振っています。

打点は少し自分に近く、後ろに設定しているので、より軌道は山なりになる。

でも回転は多くかかる、から安定してサーブが入る。

イメージ・・・沸いて来ましたか?

 

振り切って入らなかったサーブは、気にならない

ダブルフォルトでも、しっかり振ったセカンドサーブなら大丈夫。

自分の中でしっかり打った自信があれば、何も後悔は無いはず。

振り切れないときに、ダブルフォルトは引きずってしまう。

相手もそれに気付いて、攻撃的になっていく。

とにかくセカンドを振り切る相手って、嫌じゃないですか?

もちろん、技術的な部分の改善は不可欠です。

でも大前提として、セカンドサーブの方がラケットを振る!くらいの気持ちは、大事ですし試合向きです。

 

ダブルフォルト病は、じっとしていても治りません。

何かを行動に興して、自分でしっくりくる部分を見つけないと。

行動を興した数だけ、チャンスがあります。

今回のネタも、一つのヒント。

これで改善される人もいれば、出来ない人もいるでしょう。

試した人だけが、次の進めますし、試合にも勝てるようになるのです。

 

今回のまとめ

セカンドサーブの方がファーストサーブよりラケットを振る!くらいの気持ちで試合に入ろう

 

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それはズバリ「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  5. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブを考えるなら、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識しよう

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
  2. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  3. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事
  4. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
PAGE TOP