テニス ポジショニング

戦術

相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。

ポイントが終わった時に、自分と相手、どういうポジションに立っているのか。

シングルスでもダブルスでも、この終わった形が全てを象徴すているポイント、多いと思います。

理想は、こういうポイントを増やしていくことですね。

 

相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

 


 

1.自分はコートの内側、相手は外側

こういう時って、アナタ自身が主導権を握ったポイントのはず。

コートの内側に立っているということは、攻撃的にプレーした証拠ですからね。

ネットに出ていなくとも、ベースラインより内側であればある程度浅いボールを引き出して、攻撃出来ているということ。

その逆、はまずいですよね。

ベースラインより後方、でプレーを終えるということは、非常に厳しいところまで追い込まれている。

浅いボールも触れないし、下がったからと言って守備範囲が拡がる訳ではないのがテニスですから。

 

2.ポイントを取った、取られたは結果論

良いんです、ポイントを取られても。

自分で、「形は悪くないぞ!」と分かっていれば、落ち込まないじゃないですか。

その形って、お互いのポジションを見ればよく分かる。

終わった時に、どの場所に立っているのか。

この形が、例えばアナタ自身がコート外に立っているなら、得点していたとしても危機感を持つことが大事。

たまたま取れただけ、次は危ないということですから。

ポイントを取った、取られたで一喜一憂しないこと。

テニスの試合では、こういう視点が大事ですね。

 

3.コートの内側でプレーするには、何が必要?

当然、ネットプレーは入れていきたいですね。

それから、相手の深いボールはベースライン近くでボレーで返したり、ライジングショットも必要でしょう。

無理に前に入る必要は無いですが、私たちベテランのテニスは、基本下がっても走り切れない。

シングルスもそうですし、ダブルスの雁行陣でもそうですね。

下がって凌げるような脚力、を試合の最後まで維持することは難しいでしょう。

それくらい、自分の立っている位置って大事です。

 

4.逆に相手を下げるには、何が必要?

例えば、高く弾むムーンボール、にスピンを加えてみる。

ライジングショットが苦手な相手なら、これだけでかなり下がってくれますよね。

ハードコートならより効果的でしょう。

それから、ぜひ深いスライスストロークも混ぜていきたい。

スライスの処理が苦手な人は、これまた下がってくれる可能性が高い。

相手をしっかり下げることが出来れば、前を使えるし相手の攻撃も怖く無い。

ポジション差を付けて、終わる。

この意識だけで、かなり試合は戦いやすくなると思いますよ。

 

失点しても良い形、得点しても危ない形。

これを自分の中で、常に持っておくようにしましょう。

今回はポジションに特化して考えてみましたが、まだまだ色々あるはずです。

試合の中で一喜一憂しない、あくまでやるべきことをやること、が大事ですからね。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

    試合が強い選手は、まず目が鋭い。すごく何かを狙っている雰囲気、…

  2. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について

    今朝、眠たい目をこすりながら試合を観た方も多いと思います。マス…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない

    対戦相手で、アナタはどの程度特徴を掴んでいるでしょうか?タイプ…

  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  5. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

    当たり前に思うこと、でもなかなか出来ないこと。自分がどんなに良…

  6. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
  2. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのダブルスのポーチは「相手の特徴をふまえたコース」で勝負して、確実にポイン…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
  4. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
PAGE TOP