テニス ポジショニング

戦術

相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。

ポイントが終わった時に、自分と相手、どういうポジションに立っているのか。

シングルスでもダブルスでも、この終わった形が全てを象徴すているポイント、多いと思います。

理想は、こういうポイントを増やしていくことですね。

 

相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

 


 

1.自分はコートの内側、相手は外側

こういう時って、アナタ自身が主導権を握ったポイントのはず。

コートの内側に立っているということは、攻撃的にプレーした証拠ですからね。

ネットに出ていなくとも、ベースラインより内側であればある程度浅いボールを引き出して、攻撃出来ているということ。

その逆、はまずいですよね。

ベースラインより後方、でプレーを終えるということは、非常に厳しいところまで追い込まれている。

浅いボールも触れないし、下がったからと言って守備範囲が拡がる訳ではないのがテニスですから。

 

2.ポイントを取った、取られたは結果論

良いんです、ポイントを取られても。

自分で、「形は悪くないぞ!」と分かっていれば、落ち込まないじゃないですか。

その形って、お互いのポジションを見ればよく分かる。

終わった時に、どの場所に立っているのか。

この形が、例えばアナタ自身がコート外に立っているなら、得点していたとしても危機感を持つことが大事。

たまたま取れただけ、次は危ないということですから。

ポイントを取った、取られたで一喜一憂しないこと。

テニスの試合では、こういう視点が大事ですね。

 

3.コートの内側でプレーするには、何が必要?

当然、ネットプレーは入れていきたいですね。

それから、相手の深いボールはベースライン近くでボレーで返したり、ライジングショットも必要でしょう。

無理に前に入る必要は無いですが、私たちベテランのテニスは、基本下がっても走り切れない。

シングルスもそうですし、ダブルスの雁行陣でもそうですね。

下がって凌げるような脚力、を試合の最後まで維持することは難しいでしょう。

それくらい、自分の立っている位置って大事です。

 

4.逆に相手を下げるには、何が必要?

例えば、高く弾むムーンボール、にスピンを加えてみる。

ライジングショットが苦手な相手なら、これだけでかなり下がってくれますよね。

ハードコートならより効果的でしょう。

それから、ぜひ深いスライスストロークも混ぜていきたい。

スライスの処理が苦手な人は、これまた下がってくれる可能性が高い。

相手をしっかり下げることが出来れば、前を使えるし相手の攻撃も怖く無い。

ポジション差を付けて、終わる。

この意識だけで、かなり試合は戦いやすくなると思いますよ。

 

失点しても良い形、得点しても危ない形。

これを自分の中で、常に持っておくようにしましょう。

今回はポジションに特化して考えてみましたが、まだまだ色々あるはずです。

試合の中で一喜一憂しない、あくまでやるべきことをやること、が大事ですからね。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう

    テニスの試合で、大事な要素となるカウンターショット。これが上手…

  2. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試…

  4. テニス チャンス

    戦術

    実力ありきの作戦、だけでは勝てない

    実際に、試合に勝ちたいなら・・・。準備する作戦、を変えていかな…

  5. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  6. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

    みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?すごく足が速くて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない
  2. その他

    【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ
  4. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  5. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と口にして、実践出来ている人は少ない
PAGE TOP