テニス 粘り

ストローク

短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。

こういう選手は、実に試合で戦いやすい・・・です、相手からすると。

だってテニスでは、自分から浅いボールを打って前に引っ張り出す、ことは出来る競技。

そして、自分のミスショットで浅くなったときにも、相手がミスしてくれたりするとすごく楽ですよね。

浅いボールが苦手な人は、何を変えないといけないのか。

今回は、大胆にいきましょう。

 

短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

 

1.ベースライン上に立つ、くらいでちょうど良い

プロ選手の試合を観ていると、すごくベースライン後方に立っている選手が多い。

ナダル選手なんて、もう後ろの壁に張り付きそうなくらい、リターンのときには下がってますよね。

通常のストロークラリーでも、基本ポジションがベースラインより1メートル以上後方。

勘違いしやすいですが、これは彼らプロ選手の「強靭な脚力」があってこそ、のポジションなんです。

浅いボールに反応して、相手のドロップショットも喰らい付いていける距離感。

この距離感は、私たちには無理、くらいに考えておきましょう。

私が推奨したいのは、基本のポジションをベースライン上におく、というものです。

 

2.「浅いボール」に余裕を持って対応出来る

まず、基本のポジションが前だと、すごく楽。

浅いボールにも反応しやすいし、そもそも、相手は簡単にドロップを打てないですからね。

ベースライン上に立つ、というだけで、相手にもプレッシャーになるし自分の弱点も隠せる。

ただ必要なのは、勇気と深いボールをさばく技術、です。

シングルスの試合でも、一緒ですよ。

一時期、錦織選手がスペインの大会で見せたこの攻撃的なポジショニングは、私はすごく参考になりました。

目に入って、どんどん攻撃していく。

相手が打ってから動く、のではなく自分の最初のポジションを変えているから、常に攻撃的になれる。

この意識、皆さんにも絶対に必要です。

 

3.浅いボールは、打たれるのではなく自分から引き出していく

しっかり余裕を持って入れるようになると、浅いボールは当然攻撃すべきボールになっていく。

相手から打たれる、という意識は卒業しましょう。

自分の攻撃、ボールで、相手から浅いボールを引き出していく。

苦手意識がある人ほど、相手のボールがサービスライン手前にバウンドした時点で、自分の攻撃のスイッチを入れていく。

「よし!」という覚悟のもとで、しっかり攻撃していきましょう。

基本ポジションがベースライン上、くらいに取れていれば大丈夫です。

何も恐れることはありません。

 

4.深いボールが打てなくなる、のは幻想です

これって、結構怖い、不安に思っている方は多いでしょう。

ですが、実際に自分のポジションを変えてみると・・・意外と「何とかなる」ものですよ。

確かに、本当に深いボールは難しい、ライジングでも足元、で打つような感覚になりますからね。

でも、じゃあそのボールを下がったから返せるのかと言えば、それもしんどいはず。

どちらに未来があるのか、と言えば、私は前にポジションを設定することだと思いますよ。

 

今回は学生の方からのご質問でしたが、これはまさに、ベテランやシニア、女性の方にこそオススメです。

私がもし、今テニススクールのコーチをやることになったら、ベースライン上でのストローク、を基本軸に置いてレッスンします。

邪道だと言われても、基本がおかしいと言われても、これだけは譲りません。

それくらい、前への意識はみんな必要でしょう。

浅いボールが苦手、という人には、何か改革が必要。

ポジションを最初から変えてしまう勇気、アナタにはありますか?

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  2. テニス リターン
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?

    スライスは得意ですか?俺は高校生の頃、バックハンドはスライスば…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

  5. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝…

  6. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番
  2. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?
  4. テニス ストローク

    戦術

    インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの「ウォーミングアップだけ」じゃもったいない!ショートラリーを活用した練習…
PAGE TOP