テニス メンタル

ストローク

ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術です

ベースラインから下がり過ぎないことの重要性は、何度か書かせて頂きました。

でも、「実際に深いボールが来たらどうするの?」という対策について、真剣に取り組む機会は少ないように思います。

下がれば打てるボールも、下がらないで打つ。

特に速いボールで深く打たれたときの為に、ハーフバウンドで処理できるストローク力を身に付けておく必要がありますね。

ハーフボレーのような感覚で、ぜひベースライン近くでもしっかり処理できると、ポジションを保つことが出来る。

難しい技術ですが、ぜひ身に付けて欲しいショットです。

 

ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術です

 


 

1.ハーフボレーから練習すると覚えやすい

バウンドした直後のボールと捕える、ハーフボレーから練習すると良いでしょう。

ネットも近いですし、目標も作りやすい。

ポイントは、膝をしっかり曲げて両手で抑え込むような感じで、フォロースルーを長くとりましょう。

しっかり目線を落としてアゴを締める、バウンドする前からラケットを前に動かし始めておくことがポイントです。

 

2.ベースライン上ではスピン系のショットを打てるとベスト!

フラット系のハーフボレーに慣れてきたら、ぜひスピン系でのライジングショットも磨きましょう。

まず、この技術は難しいので一朝一夕には身に付きません。

腰を据えて、じっくり取り組みましょう。

スピン系のグリップで、ボールがバウンドした直後を捉えてラケットが自分の身体に巻きつくように打てると、打ちやすいはずです。

最初は、なかなか芯に当てるのが難しいと思いますので、ゆっくり目のスィングからでOK。

その後徐々に、スィングスピードを上げていけるようにしていけば、コントロールもしやすいはずです。

 

3.上級者であれば、沈める&トップスピンロブを2種類打ち分けたい

ダブルスの並行陣を相手にしたときには、この2種類を打ち分けたい。

ライジングショットでしかもスピン回転のストロークですので、かなり難易度は高い。

それでも深いボレーに対して下がるよりは、思い切ってベースライン上で処理しなければならない場面が必ず来ます。

その為に、練習から深いボレーをある程度スピードを持った感じで打ってもらい、その処理を練習しておきましょう。

 

錦織選手のストローク、実はこの技術が支えています。

後ろに下がらないで打てるようになったのも、ある程度このライジングショットのスピン系が深く返球できるようになったからこそ。

プロ選手でも実際に試合で使えるようになるには、時間のかかる高度なショットです。

でもテニスは、難しいことに挑戦するからこそ面白い。

出来たときの快感、ぜひ味わって欲しいと思います。

まずは何事も、チャレンジです!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

    フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。それで…

  2. ストローク

    ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

    私が試合で、意識していること。それは、ドロップショットをまず使…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

    スライスの打ち方、の肩の使い方。これは、私は究極2つしかないと…

  4. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ

    繋ぐショットを練習してるか?自分より強い相手と戦って、勝利を得…

  5. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

  6. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ

    相手のストロークが深い時に、差し込まれてミスが増える。実は、失…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
  2. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう
  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう
  4. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練…
  5. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
PAGE TOP