テニス サーブ

リターン

中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。

それは、まず「サーブ力」を見極めるところから始めてみると良いでしょう。

相手が中級レベルなのか、それ以上なのか。

それは、コース取りに如実に現れるはずです。

 

中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

 

1.ワイドにしかサーブを打てない中級者は、多い

センターへのサーブって、やっぱり難しいんですよ。

距離が短い、ところのエリアに入れないといけないですからね。

テニスのサーブはクロス方向に向かって打つので、自然に「ワイド方向」に打つイメージが打ちやすい。

だからこそ、中級者はワイドにしか打てない、と思って良い。

そう予測を張ることで、思い切ったリターンが打てるはずです。

 

2.センターを捨てれば、自然にポジションはワイド寄りになるはず

アナタ自身、イメージして欲しい。

相手に応じてリターンのポジション、を変えれば試合で勝てる。

テニスでは、リターンはどこに立っても良い。

であれば、一番来る確率が高い、リターンしやすい場所に立つのがベスト。

中級のプレイヤーでも、ワイドになら速く打てる、という選手は多い。

遠慮せずに予測して待ち構えて、しっかり捕らえていきましょう!

 

3.特にセカンドサーブは狙い目!

緊迫した場面では、セカンドサーブをしっかりチャージしたい。

中級者相手、だと自分で見極めたならセカンドサーブはハッキリ前に入ってチャージしましょう。

その後に、相手がセンターへのサーブを試行錯誤してくるかも知れません。

でも、きっといきなりセンターへのサーブは打てないはず。

混乱したままに、サーブを打ちたくなくなる・・・くらい、メンタルを折ってあげる。

試合に強い選手、として当然のこととして取り組んでいきましょう。

 

いわば、これも「あるある」なんですよね。

こういう小さいことに、気付けるかどうか。

これって、そういう眼で周りを観ているかどうかです。

「試したけど、違うじゃん!」ということもあるでしょう。

あるある、は100%ではありません。

ですが傾向として覚えておくだけで、試合は楽になると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  2. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  3. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

    ダブルスの試合で、ストレートに展開してくる相手は本当に厄介。ポ…

  5. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストローク…

  6. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  3. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
  4. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  5. テニス クレーコート

    ストローク

    テニスの試合では、チャンスボールから攻撃していくときに、「ボールを見ながら相手も…
PAGE TOP