ロブ

女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

女子ダブルスで、しっかり結果を出していきたいと考えているみなさん。

まず、ロブを変えましょう。

今までの使っているロブ、使っている場面、考え方、を変えていく。

逃げるだけに使っていたロブ、を変えていくこと。

その為に、必要な考え方をまとめてみます。

女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

1.捨てなければ、得られない

困った時に、とにかく上に上げて逃げる。

これも、必要な技術ではあります。

でも、いつでもどこでも上げてばかり、では相手にとって楽なテニスになってしまう。

こういう逃げの発想のロブ、は捨てましょう。

捨てないと、得れないものがテニスにはあります。

何となく逃げるロブ、は捨てて攻撃的なロブに変えていく。

その為に必要なのは、この考え方です。

2.良い態勢の時に、ロブを使おう

自分がしっかり、前に踏み込める時。

相手のボールが浅い、コントロールショットが打てる時に、攻撃的なロブを使う。

この意識をしっかり、持つことがまず大事。

コートの後ろ、ベースラインの後方からロブを打っても、試合では効果が薄い。

前に入って、ネットに近い位置から打つから、ロブは攻撃に使えるんです。

しっかり、良い態勢で打てる時にロブを使う。

この考え方が、ベースにあると試合では強いです。

3.積極的に相手に、触らせて攻撃していく意識で

もう一つ、ロブで攻撃してく時に必要な考え方。

良いロブ、は抜いてエースになるロブじゃない。

相手に触らせて、次からの攻撃につなげていくショット、です。

低く速いロブを相手に触らせて、次のボールから攻撃していく。

この姿勢、考え方を女子ダブルスに入れるだけで、弱々しいロブからは卒業出来ます。

何も、グリグリのトップスピンロブは必要無い。

順回転のロブを低く、良い態勢で打って相手に触らせる。

その姿勢、を普段から練習で磨いて下さい。

4.最高のロブは、ボレーで使うに限る

もう一つ、もっと飛び越えた発想で。

ロブは、ボレーで打ちましょう。

ロブボレー、を使えれば、女子ダブルスは確実に強くなる。

これって、先ほど書いた前に入る、低く速いロブを打つ上では、究極の打ち方なんです。

ロブをボレーで打つことで、相手は反応出来ない。

頭上を通過して、追いかけても厳しい。

そんなロブは、やっぱりボレーで打ちやすい。

ぜひ、前に入った時に狙ってみて下さい。

前に入る、良い態勢でロブを打つ。

この癖を身に付けて、自分が苦しくなる前に上を使う意識を持ちましょう。

苦しくなってから、弱々しいロブで逃げて勝てる相手は、限られている。

厳しいようですが、何かを捨てないと、新しいテニスは得ることが出来ない。

強い覚悟があれば、道は拓けるはずです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  4. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  5. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

    相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
  2. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  3. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!
PAGE TOP