ロブ

女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

女子ダブルスで、しっかり結果を出していきたいと考えているみなさん。

まず、ロブを変えましょう。

今までの使っているロブ、使っている場面、考え方、を変えていく。

逃げるだけに使っていたロブ、を変えていくこと。

その為に、必要な考え方をまとめてみます。

 

女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

 


 

1.捨てなければ、得られない

困った時に、とにかく上に上げて逃げる。

これも、必要な技術ではあります。

でも、いつでもどこでも上げてばかり、では相手にとって楽なテニスになってしまう。

こういう逃げの発想のロブ、は捨てましょう。

捨てないと、得れないものがテニスにはあります。

何となく逃げるロブ、は捨てて攻撃的なロブに変えていく。

その為に必要なのは、この考え方です。

 

2.良い態勢の時に、ロブを使おう

自分がしっかり、前に踏み込める時。

相手のボールが浅い、コントロールショットが打てる時に、攻撃的なロブを使う。

この意識をしっかり、持つことがまず大事。

コートの後ろ、ベースラインの後方からロブを打っても、試合では効果が薄い。

前に入って、ネットに近い位置から打つから、ロブは攻撃に使えるんです。

しっかり、良い態勢で打てる時にロブを使う。

この考え方が、ベースにあると試合では強いです。

 

3.積極的に相手に、触らせて攻撃していく意識で

もう一つ、ロブで攻撃してく時に必要な考え方。

良いロブ、は抜いてエースになるロブじゃない。

相手に触らせて、次からの攻撃につなげていくショット、です。

低く速いロブを相手に触らせて、次のボールから攻撃していく。

この姿勢、考え方を女子ダブルスに入れるだけで、弱々しいロブからは卒業出来ます。

何も、グリグリのトップスピンロブは必要無い。

順回転のロブを低く、良い態勢で打って相手に触らせる。

その姿勢、を普段から練習で磨いて下さい。

 

4.最高のロブは、ボレーで使うに限る

もう一つ、もっと飛び越えた発想で。

ロブは、ボレーで打ちましょう。

ロブボレー、を使えれば、女子ダブルスは確実に強くなる。

これって、先ほど書いた前に入る、低く速いロブを打つ上では、究極の打ち方なんです。

ロブをボレーで打つことで、相手は反応出来ない。

頭上を通過して、追いかけても厳しい。

そんなロブは、やっぱりボレーで打ちやすい。

ぜひ、前に入った時に狙ってみて下さい。

 

前に入る、良い態勢でロブを打つ。

この癖を身に付けて、自分が苦しくなる前に上を使う意識を持ちましょう。

苦しくなってから、弱々しいロブで逃げて勝てる相手は、限られている。

厳しいようですが、何かを捨てないと、新しいテニスは得ることが出来ない。

強い覚悟があれば、道は拓けるはずです。

 

■お時間のある方は、ぜひコチラより読者アンケート(ご感想)にご協力をお願いします!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

    相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦じゃない!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リター…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  4. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  5. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

  6. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴
  2. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  3. テニス 試合

    練習メニュー

    「部活で使える練習メニューを考えたい!」初心者でも出来る、テニスの練習の考え方と…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認…
PAGE TOP