テニス ストローク

ストローク

トップスピンロブを磨きたければ、「高い軌道のストローク」をスタンダードにしておけば、自然に打てるようになる

トップスピンロブ、打ちたいですよね。

錦織選手は今年、このショットを多用していくつもの試合でスーパーショットを繰り出していました。

ですが私たち、皆さんに必要なトップスピンロブのイメージはちょっと違う。

あくまで試合で使える、自分たちのレベルに合致したトップスピンロブを磨いていきましょう!

 

トップスピンロブを磨きたければ、「高い軌道のストローク」をスタンダードにしておけば、自然に打てるようになる

 

1.トップスピンロブが「特別な打ち方」だと、試合で使い辛い

アナタ自身、トップスピンロブに対してどんなイメージですか?

「回転をガッとかけて、頭上を抜いて高く弾んでいく」ようなイメージ、錦織選手の影響もあって強いと思います。

でも、実際のアナタが普段打っているストロークはどうでしょう?

低い軌道でフラット気味?

それだと・・・試合で瞬時に使い分けするの、すごく難しくないですか?

 

2.あくまでストロークの延長線上、にトップスピンロブもある

出来るだけ、普通のストロークに近い形、その延長でトップスピンロブがある。

この意識で練習出来ると、試合でもミスが少ない。

何より対戦相手も同じようなフォームからロブ、なので対応がし辛い。

つまり、出来るだけ普段のストロークも軌道を高め、大きなフォームで打てるようにしておくと応用が効く。

トップスピンロブって、そんなにスーパーなショットじゃないし、してはいけない。

自分の中でいつでも好きなときに、簡単に繰り出せるショットにしておくのが理想です。

 

3.高い軌道で打つ、為には打点前で高めが基本

何度も繰り返しになり、もう飽きた・・・という方もいるでしょうが、再度書かせて頂きます。

高い軌道のストローク、それを少しだけ変えたトップスピンロブには打点は前、そして腰より高い位置で打つことが大事。

低い位置から無理やり打とうとしても、そりゃミスも増えます。

ストロークも同じですね。

軌道を高くしたいのに、打点が低い、しかも後ろから持ち上げるような感じになっていては、効率が悪い。

もっともっと、自分のテニスを実践向きにしていく必要があるでしょう。

 

結構、トップスピンロブ・・・って、普通のストロークでOK。

相手に触らせない、という意識よりはむしろバックハンドで触らせる。

加減しようと思わず、軌道の高いストロークを打つくらいのつもりで大丈夫。

きっとその方が、楽に自然に打てるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  2. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?

    テニスを始めたばかりの時、あまりにパワーが無かったから両手でフォアもバ…

  3. テニス メンタル
  4. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ

    相手のストロークが深くて、自分が下がれない時。こういう時には、…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ
  2. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  4. テニス ストローク

    ロブ

    前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?
  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
PAGE TOP