テニス

ボレー

ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。

4アップ、4人でボレーになると素早い反応が求められます。

それから、細かいコントロール。

そのために、ボレーでは出来るだけ身体を開かないようにしてコントロールの良いボレーを打っていきたい。

身体が開いてしまうのは、きっとみなさん、無意識にこんな状態のときじゃないでしょうか。

4アップ、のときには要注意です。

 

ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

 

1.「行け!」と思うと、身体から突っ込んでしまう

つい、力が入ってしまうと・・・人はこうなります。

身体が正面向き、胸が相手方向を向いてしまう。

突っ込んで、「行け!今だ!」という感じで、相手方向に正面向きになってしまう・・・と、ボレーはどうなるでしょう?

きっと、ラケットが身体より後ろになって、打点も後ろになる。

身体だけ胸から突っ込んで、ボレーはふかしてアウトしてしまうでしょう。

まず、こういう4アップのような相手が近い状態で、ボレーは崩れやすい。

この意識、凄く大事です。

 

2.相手が近付いてきても、冷静に対応する

ベースライン同士だと、相手も遠いし距離もあるから安心。

でもボレー戦になると・・・相手が近い!というだけで、力が入るのが自然。

別にネットを越えて乗り込んでくる訳じゃないのに、力って入るじゃないですか。

テニスの試合、ボールを打ち合う戦いですからね。

距離が近いと相手の息遣いも聞こえるし、表情もよく見える。

つい、力が入ってしまうんですよ。

だからこそ、冷静に、しっかりボレーでコントロール勝負に持ち込みましょう。

 

3.ボレーを打つ前に、空いているコースを確認しておく

これが出来れば、全く怖く無いのがテニスのボレーです。

相手が打つ前に、それこそ相手が前にいても、打つコースを確認しておく。

センター、それからアングル、2カ所は狙いどころを用意しておきましょう。

基本は、センターに打たれたらセンターに、アングルに打たれたらアングルに切り返す。

このコントロールさえしっかり出来れば、身体が開くことは無いでしょう。

身体が開くときは、きっと結論が出ていないとき、ですからね。

 

4.ボレーでのポイント、ダブルスで増やしていこう!

これが、大事なレベルアップになるはずです。

自分のボレーを、しっかりコントロールしてポイントにつなげていく。

焦ってばかりいた自分を変えて、しっかり狙ったところに打てるからダブルスでのボレーは楽しいし、上達していく。

自分の身体の向き、を少し意識するだけでかなり変わりますよ。

突っ込むんじゃなくて、引き付ける。

引き付けながら、準備したコースに飛んでいくようなラケット面を作る、のがボレーです。

そんなに難しくないはずですから、ぜひ意識してみて下さい。

 

試合になると、みんな力が入るのは当たり前。

ボレーのときに身体が開く癖、気付いた人からコントロール勝負が出来るはず。

そんなに焦らなくても、大丈夫。

良いボールを次に打てさえすれば、相手から反撃されることはありませんから。

身体の開き、胸の向き、意識してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  2. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
  2. メンタル

    競技思考と、エンジョイ思考?
  3. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術…
PAGE TOP