テニススクール

ボレー練習、無意味なのはコチラ

普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。

結構、意識しないと見えて来ないですよ。

特に、ボレー練習。

あるポイントを間違えると、試合ではほぼ使わない技術ばかり練習してしまうことになる。

練習していても、強くはなれないしむしろ勝てないネットプレーになってしまうんです。

ボレー練習、無意味なのはコチラ

1.ネットに詰めて、つなぐボレストって・・・

一番多いのは、これです。

ボレー対ストロークの練習で、ボレー側がネットに詰めてつないでいる人。

みなさんの周りでもいませんか?

ネットが触れるくらい前に詰めて、ストロークの選手と打ち合っている。

恐らく、足下のボレーを打ちたくないんでしょう。

でも、どうでしょう。

試合でこういう場面ってありますか?

ネットに詰めて相手とつなぐって・・・有り得ないはず、なんです。

2.ネットに詰めたら、ラリーを終わらせないと

恐らく、試合ではこれが主体です。

ネットに詰めたら、ボレーで決める。

相手が触れないところに打って、しっかり決め切ることがテニスでは大事。

でも、ラリー練習でつなぐ癖がついていると、つい相手につなげたり「いる場所に打つ」癖が付いてしまいます。

ネットに詰めるって、特別な状況ですからね。

ここでつなぐ練習をしていると、試合では本当に危険なんです。

3.ネットに詰めてボレー、それって実力?

ネットに詰めて、ボレーとストロークでラリーをする。

これ、普通にやったらめちゃくちゃボレー側が楽です。

だって、足下のボールも無い、ロブも無い、ただミドルボレーかハイボレーしかない訳ですから。

ここまで限定されたら、そりゃ誰だって出来ますよ。

そして、それが実力だと勘違いする。

実際の試合では、ネット際に立ったら間違いなくロブが来ます。

普通のボレー何て、させてもらえないですよ。

しっかりネットから距離を取って、バランスの良いポジションでボレーで対抗しないと。

自分の実力を勘違いしている人は、結構多いです。

ボレーしやすい場所でボレーして、上手いと勘違いしている人。

それは、試合でまず勝てない人です。



4.バランスの良いポジションとは?

では、本来ボレーの為に立つ、バランスの良いポジションはどこでしょう。

基本は、サービスラインより1歩ネット寄り、くらいでしょう。

厳しいロブも取れるし、足下のボレーはハーフボレーでもさばける、ような場所。

自分の脚力を考えて、まずはロブを想定する。

そこから、カバー出来る範囲を計算して、ポジションを確保しないと。

練習しているようで、全く練習になっていないケースがほとんどです。

打ちやすい場所に立って練習、無意味です。

試合では、相手の打ちにくい場所を狙って相手は配球して来ますからね。

5.お勧めの練習法

まず、しっかりボレーで下がり目のポジションを取ること。

ボレー対ストロークの練習で、積極的にストローク側がロブを使いましょう。

ストレート半面、でラリーしていく中で、3球に1球はロブを使う。

相手を分からせてあげること、も練習の大事な要素です。

打ちやすい場所に打ち合う練習って、練習じゃない。

それは、ウォーミングアップ段階まで、でしょう。

テニススクールではコートの後ろをネットで仕切りますからね。

つい、前に立ちたくなるんですよ、ボレーの側が。

でも、ネットに詰めたらロブが来る、のが試合です。

そのロブをカバー出来るポジション、でしっかりボレー出来るようにしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  2. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

  3. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  4. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い

    テニススクールや、プライベートレッスンでも。定期的にテニスを…

  5. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない

    最近改めて、私自身が感じていること。人にアドバイス、どこかで…

  6. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ

    テニススクールで、私が仕事をしていて感じたこと。テニスの実力に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    バンバン打って来る相手に、並行陣でどう対抗する?
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう
  3. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分…
  4. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
PAGE TOP