テニス ポジショニング

練習メニュー

「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

普段の部活や練習の中で、「ポイント練習」をする機会も多いと思います。

実践的なこの練習で、その日に練習したテーマを積極的に使って・・・といきたいところですが、実際はどうでしょう?

試合形式になると、急に守りに入ったり、ネットプレーを練習したのにずっとベースラインでストロークばかり打っていたり・・・という人も、多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、思い切ったアイデアで「練習した内容=慣れない技術に、積極的にチャレンジする」ことを実現できるよう、まとめてみました。

 

「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

 


 

■例えば「ドロップショット」を使ってポイントが決まったら、その倍の得点!という特別ルールを作る

もしその日の練習のテーマが「ドロップショット」であった場合、ノットアップでドロップショットが決まったら「倍の得点」という特別ルールで実施してみます。

そうすることで、積極的にドロップショットにトライできますし、相手もそれをケアすることで練習になります。

実際に練習した技術を使うには、勇気が必要。

失敗しても気にしない、次で決まれば倍で取り返せる!というような雰囲気を作りたいですね。

 

■まずは「成功体験」を味わうことが大切

たくさん失敗することも必要ですが、まずは実践してみて成功体験を味わうことが一番。

ポイント練習のような実践的な場ではありますが、ある程度相手の「練習したショットを引き出す動き」はお互いで意識するようにしましょう。

つまり、チームの練習として「決めさせてあげる」というのも大切なのです。

簡単なショットでは意味がありません。

しっかりラリーが繋がった中での難しい技術は、実践するのが難しいもの。

まずは先輩や上級者の方が積極的に実践し、ときに初中級者の方に「打たせて、決めさせる」という場面も体験させてあげるようにしましょう。

 

■自分が打つ、だけではなく相手が打ってきたときにもケアする練習になる

先ほども述べましたが、「慣れない技術」を実践してくる相手に対して、受けるほうの選手はどう対応するか。

ドロップショットであれば前をケアしなければいけませんし、ショートクロスで左右に振られたら、スライスで時間を稼ぐ返球が必要。

つまり、自分が打てるようになっただけではだめで、テニスの試合の中でそのショットをリカバリーできる技術も必要になってきます。

自分より強い、上手い選手が身近にいれば、そのショットを受ける練習を積極的に買って出るようにしましょう。

きっと実際の試合で打たれたときにも、練習を活かせるはずです!

 

■テーマを絞った練習こそ、試合に勝つ為には必要

ポイント練習の工夫について書いてきましたが、実際にその前に大切なこと。

それは、「慣れない技術」を積極的に練習して取り入れていく、ということです。

ついテニスの練習というと、皆さん自分ができることの練習のみになってしまいがち。

サークルではその方が楽ですし、何よりラリーが続いていれば楽しいという雰囲気もあるかも知れません。

しかしながら、その楽しさから卒業することも大切。

試合で勝つ、その楽しさに向けて、できないことも磨いていくテーマ練習にしっかり取り組みましょう。

 

テニスが上達する、ということはどういうことでしょうか。

新しいことができるようになること?

今のフォームでボールが早くなること?

正確なコントロールが身に付くこと・・・?

どれもテニスにとって立派な上達だと思いますが、試合に勝てるという意味での上達で言えば、「新しいことができるようになる」ことが絶対必要です。

テニスには、まだまだアナタが実践していない、知らないだけで、細かい技術がたくさんあります。

これからもその細かい部分を、このサイトでは追及していきたいと思いますので、お楽しみに・・・!

 

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    「コードボールはアンラッキー?」テニスの上級者が準備している練習メニューとは?

    試合中に1度あるか無いかのコードボールのポイント。この準備こそ…

  2. テニス 試合

    練習メニュー

    「部活で使える練習メニューを考えたい!」初心者でも出来る、テニスの練習の考え方とは?

    アナタが普段行っている練習は、誰が考えた練習ですか?主体的に取…

  3. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

    皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?時間?…

  4. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね

    テニスへのモチベーション、最近みなさんはどうですか?私は比較…

  5. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

  6. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

特集記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる
  3. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認
  4. テニス 居場所

    水分補給

    本気の水分補給には、トレーニングが必要
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には…
PAGE TOP