テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?

ポーチを決めること?

相手前衛の攻撃をケアすること?

もちろんそれらもありますが、まず確認しておきたいのは「後衛よりも先にボールを触る優先権を持っている」ということ。

即ち、相手のコートにより近い位置にいる自分が多くボールに触ることで、相手にプレッシャーをかけて試合を優位に進めることができる、重要な役割ということ。

今回は、「ポーチに出ると見せかけてストレートに誘う」ことで、ポイント奪取に繋げるコツをまとめてみました。

 

ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

 


 

1.フェイントは少し動くだけでは無意味、「センターライン」まで動いてこそ有効

ダブルスの試合では、よく「ポーチに出る素振り」を見せて、リターン側の選手にプレッシャーをかける機会があります。

それでも実際は、ほぼ同じ場所で少し足を横に出す程度。

これでは相手にプレッシャーを与えることができません。

自分のパートナーがサーブのトスアップしたら、より大胆にセンター方向へ動きましょう。

センターラインを足で踏んでしまうくらいでOK。

大切なのは、「相手にプレッシャーを感じてもらうこと」です。

 

2.ストレートに「誘う」ということは、「仕留める」ということ

作戦通りストレートにリターンを呼び込んだら、遠慮なく仕留めましょう。

とは言え。「ボレーは苦手で、どこに打てば良いか分からない」という方の為に、大切なコツを。

ネット近くに思い切って詰めること。

そうすれば当たりそこないもドロップボレーになりますし、確度も付けやすい。

ロブで抜かれるリスクはありますが、足元に沈められる心配が消える分、対処がしやすくなります。

 

3.ストレートに呼び込んだと思ったら、ロブがきた・・・そのときは?

当然、ダブルスに慣れた相手ペアであれば、ロブを織り交ぜてくるでしょう。

これも、実はフェイントをかけた後に、あえて少し後ろに戻る、ということで誘い込むことができます。

「ロブは打たれるもの」ではなく「誘うもの」。

特にパートナーのサービスの調子が良いときには、相手もスライスで準備している可能性が高いので、こちらもしっかり準備しましょう。

備えあれば、憂い無しです。

 

4.フェイントばかりでは相手にバレる!たまには本気でポーチに出ておく

フェイントで相手のリターンをストレートに誘うことができたら、次は思い切ってそのままポーチに出てしまいましょう。

そうすることで相手に対して、「裏の裏をかかないと・・・」と、心理的なプレッシャーをかけることができます。

色々ドタバタ動いているけど、実際はポーチに出てこないし楽だな、と思われてしまうとリターンのプレッシャーも無く、サーバーのパートナーに負担が増えてしまいます。

駆け引きで常に優位に立てるよう、先手先手でいきましょう。

 

5.自分のパートナーがサービスキープできないのは、前衛のアナタのせいです

厳しい言葉ですが、この言葉を常に前衛にいるときには頭に入れておいて下さい。

ダブルフォルト4連発以外は、キープできない責任はアナタが感じるべきです。

なぜなら前衛は「優先権」を持っている攻撃担当だから。

しっかり備えてストレートに呼び込めれば、それだけアナタのペアのポイントの確率は上がります。

 

レベルの高いダブルスの試合になればなるほど、お互いポーチに積極的に前衛が動きますので、それに対抗してストレートへの配球も増えてきます。

この駆け引きを楽しめるようになると、アナタのダブルスのレベルが確実に上がっていると実感しても良いと思います。

リターンのストレートは、打たれる前に誘うこと。

フェイントの練習も演技力が問われますから、フットワークから表情まで含めて、意識して練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?…

  2. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学びましょう

    テニスのダブルスの試合をしていて、「このペア強い・・・」と感じるときは…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを

    前衛にいるときに、いざポーチ!でも、せっかく良いサーブなのに出…

特集記事

  1. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ
  2. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  3. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える
  4. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる
  5. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
PAGE TOP