テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?

ポーチを決めること?

相手前衛の攻撃をケアすること?

もちろんそれらもありますが、まず確認しておきたいのは「後衛よりも先にボールを触る優先権を持っている」ということ。

即ち、相手のコートにより近い位置にいる自分が多くボールに触ることで、相手にプレッシャーをかけて試合を優位に進めることができる、重要な役割ということ。

今回は、「ポーチに出ると見せかけてストレートに誘う」ことで、ポイント奪取に繋げるコツをまとめてみました。

 

ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

 


 

1.フェイントは少し動くだけでは無意味、「センターライン」まで動いてこそ有効

ダブルスの試合では、よく「ポーチに出る素振り」を見せて、リターン側の選手にプレッシャーをかける機会があります。

それでも実際は、ほぼ同じ場所で少し足を横に出す程度。

これでは相手にプレッシャーを与えることができません。

自分のパートナーがサーブのトスアップしたら、より大胆にセンター方向へ動きましょう。

センターラインを足で踏んでしまうくらいでOK。

大切なのは、「相手にプレッシャーを感じてもらうこと」です。

 

2.ストレートに「誘う」ということは、「仕留める」ということ

作戦通りストレートにリターンを呼び込んだら、遠慮なく仕留めましょう。

とは言え。「ボレーは苦手で、どこに打てば良いか分からない」という方の為に、大切なコツを。

ネット近くに思い切って詰めること。

そうすれば当たりそこないもドロップボレーになりますし、確度も付けやすい。

ロブで抜かれるリスクはありますが、足元に沈められる心配が消える分、対処がしやすくなります。

 

3.ストレートに呼び込んだと思ったら、ロブがきた・・・そのときは?

当然、ダブルスに慣れた相手ペアであれば、ロブを織り交ぜてくるでしょう。

これも、実はフェイントをかけた後に、あえて少し後ろに戻る、ということで誘い込むことができます。

「ロブは打たれるもの」ではなく「誘うもの」。

特にパートナーのサービスの調子が良いときには、相手もスライスで準備している可能性が高いので、こちらもしっかり準備しましょう。

備えあれば、憂い無しです。

 

4.フェイントばかりでは相手にバレる!たまには本気でポーチに出ておく

フェイントで相手のリターンをストレートに誘うことができたら、次は思い切ってそのままポーチに出てしまいましょう。

そうすることで相手に対して、「裏の裏をかかないと・・・」と、心理的なプレッシャーをかけることができます。

色々ドタバタ動いているけど、実際はポーチに出てこないし楽だな、と思われてしまうとリターンのプレッシャーも無く、サーバーのパートナーに負担が増えてしまいます。

駆け引きで常に優位に立てるよう、先手先手でいきましょう。

 

5.自分のパートナーがサービスキープできないのは、前衛のアナタのせいです

厳しい言葉ですが、この言葉を常に前衛にいるときには頭に入れておいて下さい。

ダブルフォルト4連発以外は、キープできない責任はアナタが感じるべきです。

なぜなら前衛は「優先権」を持っている攻撃担当だから。

しっかり備えてストレートに呼び込めれば、それだけアナタのペアのポイントの確率は上がります。

 

レベルの高いダブルスの試合になればなるほど、お互いポーチに積極的に前衛が動きますので、それに対抗してストレートへの配球も増えてきます。

この駆け引きを楽しめるようになると、アナタのダブルスのレベルが確実に上がっていると実感しても良いと思います。

リターンのストレートは、打たれる前に誘うこと。

フェイントの練習も演技力が問われますから、フットワークから表情まで含めて、意識して練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. その練習を、疑おう
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    見せかけIフォーメーション、効果は絶大

    ダブルスでサーブからのフォーメーション。これは、難易度が高いと…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

特集記事

  1. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方
  2. テニス ルール

    メンタル

    アナタはこの動画を観て、何を感じるだろうか?
  3. その他

    ※満員御礼【イベント告知】北山智也選手 練習会 2/23(日) in 東京都調布…
  4. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなの…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる
PAGE TOP