テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?

ポーチを決めること?

相手前衛の攻撃をケアすること?

もちろんそれらもありますが、まず確認しておきたいのは「後衛よりも先にボールを触る優先権を持っている」ということ。

即ち、相手のコートにより近い位置にいる自分が多くボールに触ることで、相手にプレッシャーをかけて試合を優位に進めることができる、重要な役割ということ。

今回は、「ポーチに出ると見せかけてストレートに誘う」ことで、ポイント奪取に繋げるコツをまとめてみました。

 

ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

 


 

1.フェイントは少し動くだけでは無意味、「センターライン」まで動いてこそ有効

ダブルスの試合では、よく「ポーチに出る素振り」を見せて、リターン側の選手にプレッシャーをかける機会があります。

それでも実際は、ほぼ同じ場所で少し足を横に出す程度。

これでは相手にプレッシャーを与えることができません。

自分のパートナーがサーブのトスアップしたら、より大胆にセンター方向へ動きましょう。

センターラインを足で踏んでしまうくらいでOK。

大切なのは、「相手にプレッシャーを感じてもらうこと」です。

 

2.ストレートに「誘う」ということは、「仕留める」ということ

作戦通りストレートにリターンを呼び込んだら、遠慮なく仕留めましょう。

とは言え。「ボレーは苦手で、どこに打てば良いか分からない」という方の為に、大切なコツを。

ネット近くに思い切って詰めること。

そうすれば当たりそこないもドロップボレーになりますし、確度も付けやすい。

ロブで抜かれるリスクはありますが、足元に沈められる心配が消える分、対処がしやすくなります。

 

3.ストレートに呼び込んだと思ったら、ロブがきた・・・そのときは?

当然、ダブルスに慣れた相手ペアであれば、ロブを織り交ぜてくるでしょう。

これも、実はフェイントをかけた後に、あえて少し後ろに戻る、ということで誘い込むことができます。

「ロブは打たれるもの」ではなく「誘うもの」。

特にパートナーのサービスの調子が良いときには、相手もスライスで準備している可能性が高いので、こちらもしっかり準備しましょう。

備えあれば、憂い無しです。

 

4.フェイントばかりでは相手にバレる!たまには本気でポーチに出ておく

フェイントで相手のリターンをストレートに誘うことができたら、次は思い切ってそのままポーチに出てしまいましょう。

そうすることで相手に対して、「裏の裏をかかないと・・・」と、心理的なプレッシャーをかけることができます。

色々ドタバタ動いているけど、実際はポーチに出てこないし楽だな、と思われてしまうとリターンのプレッシャーも無く、サーバーのパートナーに負担が増えてしまいます。

駆け引きで常に優位に立てるよう、先手先手でいきましょう。

 

5.自分のパートナーがサービスキープできないのは、前衛のアナタのせいです

厳しい言葉ですが、この言葉を常に前衛にいるときには頭に入れておいて下さい。

ダブルフォルト4連発以外は、キープできない責任はアナタが感じるべきです。

なぜなら前衛は「優先権」を持っている攻撃担当だから。

しっかり備えてストレートに呼び込めれば、それだけアナタのペアのポイントの確率は上がります。

 

レベルの高いダブルスの試合になればなるほど、お互いポーチに積極的に前衛が動きますので、それに対抗してストレートへの配球も増えてきます。

この駆け引きを楽しめるようになると、アナタのダブルスのレベルが確実に上がっていると実感しても良いと思います。

リターンのストレートは、打たれる前に誘うこと。

フェイントの練習も演技力が問われますから、フットワークから表情まで含めて、意識して練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う

    ダブルスの試合、怖いのは大逆転。その呼び水、となるようなアナタ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

    いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨してい…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  5. ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!

    ダブルスの試合を観ていて、感じること。並行陣でせっかく前を取っ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく

    決して皮肉ではなく、事実だと思いませんか?ダブルスの試合で、「…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  3. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
PAGE TOP