テニス トレーニング

戦術

テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない

みなさんの周りで、試合に強い選手。

でもいつかは勝ちたい、と思いますよね。

一見強そうな選手って、昔からずっと、同じスタイルを貫いて強い・・・ように思う方も多いかもしれません。

実は、それって違うと思いますよ。

強い選手は、いつだって「変わることが出来る」選手ですから。

 

テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない

 

1.強い選手は、みんな試行錯誤してきた

自分なりに、しっかり試行錯誤して変えてきている。

だからこそ強いし、変化出来ることで身に付けることが出来るタフさ、みたいなものがある。

強い選手って、実はプレースタイルにあまりこだわりがない人が多いですよ。

ストローク、ボレー、しっかりと使い分けることが出来るし、穴が無い。

でも、軸となる戦術は持っている。

これって、試行錯誤してきた賜物、だと私は思います。

 

2.戦い方を変えないと、大きくは変わらない

試合の結果、自分の実力を大きく変えたい。

みなさん、そう考えながらT-PRESSのサイトを読んで頂いているんじゃないでしょうか。

だったら、大胆にいきましょう。

ネットに出たりポーチに動いたり、ストレートに打ったり、ハッキリと戦い方を変える。

もっと言えば、テニスという種目すら変えてしまうくらいの気持ちで良いと思いますよ。

そうすれば、必ず見えてくるもの、視野が広がってきますから。

それこそアナタ自身の強さ、になるはずです。

 

3.動いてみないと、元いた位置は見えてこない

動いてみて、変わってみて分かるんですよね。

私自身も、ネットに出るようになって、やっとストローク側の気持ちが分かるようになりました。

ストロークばっかりベースライン上で打っていても、ストローカーのスタイルを客観視なんて出来ない。

自分がその場にいる間は、その場所って見えないものなんです。

動いてみて、初めて景色は変わるもの。

そうすれば、攻略出来る相手も増えて来るはず、ですからね。

 

4.テニスはもっと、どこに打っても良いし、立っても良い

つい、私たちは基本やセオリーに縛られてしまいますよね。

それから、周りの目線ですかね。

「何あの人、あんなことやって・・・」と、陰口を叩かれるのが一番怖い。

でも、この恐怖心ってすごくどうでも良いこと。

勝ちたいから試行錯誤する、今までにないようなことをやってみる、ことに価値がある訳ですから。

テニスって、もっともっと、創造性を発揮して良いスポーツなはず。

基本やセオリー、があるからこそ、その逆も活きて来る訳じゃないですか。

もっと自由な発想で、大胆に戦い方を変えていく。

これが、結果を変えていく一番の近道、だと私は思います。

 

変わることを、恐れない。

周りの目を、怖がらない。

なかなか出来ることでは無いと思います。

ですが、試合に出るみなさんならもう気付いているはずです。

普通にやっていたら、普通の結果しか出ない、ということを。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  2. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

    対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。がら空きの状態で「…

  3. 戦術

    相手を見てプレーする、そのコツは?

    相手のポジションを、確認しながらラリーする。これは、テニスの…

  4. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  5. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる

    テニスの試合では、必ず勝敗、という形で結果が出ます。それは、ど…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ

    試合の雰囲気が、重たく、暗い。そんなときに、アナタ自身に出来る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  2. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  3. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けるこ…
  5. その他

    テニスが強くなりたい!その為のきついトレーニングは「仲間で可視化して積み上げる」…
PAGE TOP