フットワーク

テニスの守備範囲を、劇的に変える基本とは?

テニスの試合で使える、守備力アップの秘策。

いくつかありますが、もう一度みなさん、「身体の向き」を強く意識しましょう。

強く意識すれば、明らかに守備範囲は変わります。

そして返球もしやすくなる、のがテニスです。

 

テニスの守備範囲を、劇的に変える基本とは?

 


 

1.「身体の向き」を工夫しよう!

ハッキリ、変えましょう。

テニスは、相手から打たれたボールを打ち返す競技。

ですから、身体の向きは相手方向、に向けないといけません。

身体の向きを変えるということは、スタンス、肩のラインをハッキリ、相手に正面向きにするということ。

ほとんどの人が、まだネットに並行、で待っているんですよね。

そうじゃなくて、相手に向ける。

だから、ボールに反応しやすくなるし返球もしやすくなるんです。

 

2.ネット、ラインに対して「斜め」になる

目の前のネット、足下のライン。

これに、私たちは意識がいってしまうから適切な向きが作れない。

これに、まず気付けるかどうかですね。

どうしても、目に見えるものに人は揃えたくなるんです。

足、肩を、ネットやラインと並行に揃える。

それで、良い構えが出来ていると勘違いしてしまう。

そういう人は、実はすごく狭い範囲しか守れないんです。

 

3.守備範囲が広い、ということは・・・?

テニスの試合では、厳しいボールを返球することも多い。

打点をいつも前、なんて無理じゃないですか。

守備範囲を拡げようと思ったら、深い位置の打点からでも、ラケット面だけで返す。

こういう場面、ではこう返すという感覚が養えるはずです。

守備範囲が広い人って、やっと届いたボールでも返球出来るじゃないですか。

劇的に変えるには、大胆さが必要。

打って来る相手、の方向におへそを向ける、ことが大事。

思い切って、目の前のネットやラインを無視する、くらいの感じで良いですよ。

 

4.相手がサイドに走ったら・・・

極端に言えば、そっちの方向を向く。

ですので、身体の向きはネットと垂直に近いような形、になることもあります。

そうすることで、外から巻いてくるようなボールも触ることが出来るんです。

これが正面向きだと、触れない。

相手をコートの外側に走らせたら、身体の向きを大きく変える。

このイメージが大事ですよ。

大胆に、思い切って変えてみましょう。

 

特に、ダブルスで並行陣でプレーする人、には必須の基本。

リターンの時の身体の向きも、そうですね。

相手が打って来る、そのボールの出どころはハッキリしているはず、ですから。

大胆に、ハッキリ変える。

そうすれば、劇的に守備範囲は変わります。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的

    ミスが多い、と試合で感じたら。まず、何をどう変えるべきかを準備…

  2. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

    ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。こ…

  3. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

  5. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

    球出しの練習なんて、典型的だと思うんですよね。遅いボール、飛ん…

  6. フットワーク

    「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

    右足と左足、俺の体が率先して体重を乗せたがるのは、右足である。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう
  2. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い
  3. テニス 準備

    ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」は、メンタルだけでは無理!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「当てるだけのボレーから、ステップアップして押し出すボレーに」変化させていくうえ…
  5. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント…
PAGE TOP