テニス ストローク

リターン

リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

リターンをしっかり、返球したい。

そう考えると、しっかり身体の向きを作ることをまずは意識することをオススメします。

ポイントは、斜め方向に身体を向けること。

この意識で、リターンの返球確率はグッとアップするはずです。

 

リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

 


 

1.ベースラインに、惑わされるな!

人はつい、目に見えるモノからの情報に惑わされてしまう。

ベースラインが目に入れば、つい足を並行に揃えてしまう。

ネットもそうですね。

その方向に身体を向いてしまうのが、普通でしょう。

ですがよく考えてみると、リターンは相手サーバーから打たれるボールを打ち返すのが目的。

自然と身体の正面を相手に向ける、のが得策だと思いませんか?

 

2.ネットに対して斜めに身体を向ける、のが自然なリターンスタンス

相手の方向に、身体の正面を向ける。

そうすると、自然とネットに対して斜めに身体を向けることになるはずです。

この態勢こそ、自然にクロス方向へリターン出来る第一歩。

クロス方向、というよりもそのまま真正面にまっすぐ、リターンすれば良い。

結構気楽になりませんか?

 

3.相手の前衛に捕まる不安、も無くなる

この構え、の良いところは前衛のプレッシャーを少なく出来るということ。

ネットやベースラインに並行に構えていると、正面には前衛、がいますよね。

これだとリターンにプレッシャーがかかる。

しっかり相手サーバーを向く、斜めにスタンスを確保するだけで、前衛は視界から良い意味で消えてくれます。

ダブルスでリターンが不安・・・な人は、ぜひ試してみて下さい。

 

目の前の世界、視界が変わればプレーが変わります。

リターンの身体の向き、30度で良いので変えてみましょう。

きっと、リターンの確率が上がり、ダブルスの大事なポイントで攻撃的になれるはず。

クロスへのリターン、ではなく真正面に素直にリターンするだけ。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  2. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

    試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。これは、上のレベルの試合…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  6. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない
  2. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  4. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!
  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ
PAGE TOP