テニス ロブ

ロブ

ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。

シングルスでも、ダブルスでも「ロブが上手い」という選手、どう思いますか?

結構下に見たり、シコラーと決めつけたりして、試合に入ってはいませんか?

この小さい慢心が、試合では大きな仇となって返ってくるのがテニス、です。

 

ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

 

ロブが上手い選手は、テニスをよく知っている

私は、特にダブルスでそう感じます。

しっかりロブを使える相手は、テニスをよく知っている、相手を揺さぶることが出来る。

シングルスでも時間を作ったり、相手が前に来ても慌てない戦い方が出来る。

でも、やられる方は、気付いていない。

「粘り強いだけで、上手くはないだろうな・・・」と、勝手に決めつけてしまう。

これは、とても危険な発想。

どうも皆さん、ロブに対しての認識が甘い、ように思います。

 

自分の理想のテニスが出来る相手=強い相手、になってない?

試合に勝てる選手こと、テニスでは強い。

なのに、アナタ自身、自分が理想とするようなテニスが出来る相手しか、認めないし強いと思っていない。

ストロークが早くてネットプレーではタッチが良い、サーブも安定感があってエースが獲れる。

そんな選手、いればとっくにプロとして戦っている。

アナタと同じ試合に出ているのであれば、そもそも実力は近いはず。

そんな中で、ロブが上手いような「スタイルが違い相手」としっかり向き合えているかどうか。

この問題に気付かないと、自分で認められない相手、にばかり負けていってしまいますよ。

 

ロブ対策、を練習の中心に据えていこう!

練習、しかありません。

しっかりロブ対策を、練習していく。

試合で打たれる機会が多いし、スマッシュミスは引きずってしまう選手が多いのに、練習量は足りていない。

だからこそ、他と差を付けることをしっかり意識してみましょう。

ダブルスなら、リターンロブ、シングルスではアプローチショットでのポジショニング。

アナタ自身、「試合ではロブが多く来るもの」としての準備、をしておくだけで結果は変わるでしょう。

 

ロブが上手い選手、は必ず対応も上手い。

ロブの対応を磨いていけば、相手が嫌がること、も分かってきますからね。

試合で勝つために、ロブへの意識を変えていくこと。

ここにアナタが強くなる幅、が私は残っていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  2. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  3. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

  4. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  2. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、相手ショットの癖や法則を掴むのが上手い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
PAGE TOP