テニス 前衛

ダブルス

ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。

頑張ろうと必死になって、結果的に勝てない時のミックスダブルスって、こんな感じじゃないでしょうか?

ぜひ、試合に出ている方は意識して欲しい。

男性の方だけでなく、女性の方も一緒に考えていきましょう。

 

ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

 

1.走り回ることは、「信頼していない」証拠

男性が女性をカバーする。

美しい響きのようですが、これって「任せられない」から生じていること、です。

カバーに走るだけで満足している男性、多くないですか?

そして挙句の果てには「こんなに走ってるのに、もっと参加してよ・・・」と女性に泣きつく始末。

これでは、勝てません。

なぜなら、まず男性であるアナタ自身が女性を信頼していないから。

自分が走るだけで自己満足、になってるだけですよ。

 

2.後手に回るから、相手に走らされていることに気付かないと

テニスは、特にミックスダブルスでは先手が大事。

先手を取れば、ある程度主導権を握って相手を動かせるはず。

逆に走らされ出してしまうと、そこから挽回していくのが難しいように思います。

後手に回っている、ことにまず気付けるかどうか。

相手に打たれてから焦る、じゃなくて打たれるところを準備しておく。

その為には、何を女性に任せるのかを明確にしておきましょう。

 

3.女性の頭上、は思い切って女性に任せてみる

私は、この作戦がミックスの基本だと思います。

みなさんも、経験無いですか?

弱いミックスダブルスは、女性の頭上のボールをまず男性がカバーする、のが前提になっている。

「いや、だって女性のスマッシュよりは男性のハイボレーでしょ!」という気持ちも分かります。

ですが、それがバックボレーならどうですか?

深いロブなら、ボレーも難しいのでは?

と考えると、やはり女性が自分で先に動いてスマッシュ、のポイントを作らないと。

相手に恰好の逃げ場を与えてしまうこと、になりますからね。

 

4.走り回っている男性、全然怖くない!

だって、結局体力も消耗するし、最後は破れかぶれのようなショットしかない。

ミックスダブルスの試合で強いペアは、男性が走ってカバーしても何も動じない。

むしろ、「今日の相手も女性が消極的で、ラッキー!」なくらいにしか考えていないでしょう。

こういうのって、問題は女性にあると思いますか?

違います。

私はハッキリ、男性にあると声を大にして言いたい。

全ては、男性がしっかり女性に任せる、というところからがスタートなはずですから。

 

信頼して任せれば、成長します。

もしかしたら、瞬間的には勝てない試合、も増えるかも知れませんね。

でも、強いミックスダブルスのペアの分担を見てみて下さいよ。

きっと、女性が前衛のときに、しっかり前衛が触るポイントが多いはずです。

このあたり、まずは指標に置いてみても良いと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思う

    ダブルスの試合、前衛の選手は動きが激しい。ボールを打っていなく…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    センター攻撃に大事なのは、執拗さ

    ダブルスの試合で、相手2人の中心を突く。これは、テニスの試合で…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

    試合の中で苦しいとき・・・たくさんありますよね。例えば、私はサ…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  5. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる
  2. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる
  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集
  4. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  5. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!
PAGE TOP