テニス 前衛

ダブルス

ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。

頑張ろうと必死になって、結果的に勝てない時のミックスダブルスって、こんな感じじゃないでしょうか?

ぜひ、試合に出ている方は意識して欲しい。

男性の方だけでなく、女性の方も一緒に考えていきましょう。

 

ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

 

1.走り回ることは、「信頼していない」証拠

男性が女性をカバーする。

美しい響きのようですが、これって「任せられない」から生じていること、です。

カバーに走るだけで満足している男性、多くないですか?

そして挙句の果てには「こんなに走ってるのに、もっと参加してよ・・・」と女性に泣きつく始末。

これでは、勝てません。

なぜなら、まず男性であるアナタ自身が女性を信頼していないから。

自分が走るだけで自己満足、になってるだけですよ。

 

2.後手に回るから、相手に走らされていることに気付かないと

テニスは、特にミックスダブルスでは先手が大事。

先手を取れば、ある程度主導権を握って相手を動かせるはず。

逆に走らされ出してしまうと、そこから挽回していくのが難しいように思います。

後手に回っている、ことにまず気付けるかどうか。

相手に打たれてから焦る、じゃなくて打たれるところを準備しておく。

その為には、何を女性に任せるのかを明確にしておきましょう。

 

3.女性の頭上、は思い切って女性に任せてみる

私は、この作戦がミックスの基本だと思います。

みなさんも、経験無いですか?

弱いミックスダブルスは、女性の頭上のボールをまず男性がカバーする、のが前提になっている。

「いや、だって女性のスマッシュよりは男性のハイボレーでしょ!」という気持ちも分かります。

ですが、それがバックボレーならどうですか?

深いロブなら、ボレーも難しいのでは?

と考えると、やはり女性が自分で先に動いてスマッシュ、のポイントを作らないと。

相手に恰好の逃げ場を与えてしまうこと、になりますからね。

 

4.走り回っている男性、全然怖くない!

だって、結局体力も消耗するし、最後は破れかぶれのようなショットしかない。

ミックスダブルスの試合で強いペアは、男性が走ってカバーしても何も動じない。

むしろ、「今日の相手も女性が消極的で、ラッキー!」なくらいにしか考えていないでしょう。

こういうのって、問題は女性にあると思いますか?

違います。

私はハッキリ、男性にあると声を大にして言いたい。

全ては、男性がしっかり女性に任せる、というところからがスタートなはずですから。

 

信頼して任せれば、成長します。

もしかしたら、瞬間的には勝てない試合、も増えるかも知れませんね。

でも、強いミックスダブルスのペアの分担を見てみて下さいよ。

きっと、女性が前衛のときに、しっかり前衛が触るポイントが多いはずです。

このあたり、まずは指標に置いてみても良いと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

  2. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、これでしょう

    あの前衛、上手いな・・・強いな・・・。そう思われるプレーって、…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合でゴチャゴチャ動いた後は、「相手がつないで来るボール」が絶対にチャンスになる

    ダブルスの試合で、皆さんこんな経験は無いですか?陣形がロブとか…

  5. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには…
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します
PAGE TOP