テニス 食事

その他

「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える

全国各地にある、テニスの強豪校と呼ばれる存在の学校。

部活でしっかり練習して強くなるチームには、どんな特徴があるのでしょうか。

決して「強い選手を集めた」訳でもなく、「設備が充実している」訳でもないのに、団体戦・個人戦共に強い学校。

今回は、そんな部活に共通する特徴を、主観も交えてまとめてみたいと思います。

 

「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える

 


 

1.練習中に「落ちているボール」が少ない

テニスの試合は、基本的に2球のみで行われます。

隣のコートからボールが入ってきたら「レット」として試合を止めるくらい、落ちているボールは試合の妨げとして除かれる。

それなのに、普段のテニス部の練習でコートにボールがたくさん落ちている・・・そんな学校、ありませんか?

強豪校は、練習も常に試合の雰囲気に合せようとしますので、ボールはほとんど落ちていません。

そして1球を大切にするので、ラリー練習も必要最低限のボールで充分なのです。

コートに落ちているボールの数に比例して、集中力は下がってしまうので注意しましょう。

 

2.「ラスト」の掛け声から、練習をストップするまでの時間が短い

練習メニューを切り替えるときに、この「ラストでーす!」という声掛け、多いパターンではないでしょうか。

強豪校の練習は、このラストの声掛けから次への切り替えがもの凄く早い。

すぐにボールをアップして集合し、次のメニューを確認します。

練習時間もコート面数も限られている学校では、この「間」の時間を効率よく短縮することが、練習時間の確保に繋がります。

練習環境に不満を持っている学校ほど、効率を上げるという発想が欠けているので「ラスト」の声がかかっても、ダラダラと練習を続けてしまいがち。

この切り替えを意識してみるだけで、違うかも知れません。

 

3.「整理整頓」がラケットバッグにまでいき届いている

過去に「試合を勝ち抜く人のラケットバックは美しい」、という記事でも書きましたが、整理整頓は基本です。

なぜなら、②にも連動しますが「物を探す」という行為は時間の無駄ですし、精神的にも疲れてしまいます。

また、ラケットバッグが乱れていると、心に隙が生まれて練習にも緻密さが無くなってしまいます。

もしあなたが部長や先輩の立場であれば、細かい生活面から自分が見本となり、後輩を指導していくようにしましょう。

 

4.部員全員に「当事者意識」があり、「個別のテーマ」を持っている

テニスは個人競技、とはいえ練習は団体で行う特殊なスポーツです。

全体練習では補いきれない個別の個人課題は、常に意識できていますか?

個別のテーマがあれば、全体練習の中でもそこを意識することで、自分の課題の克服に向かって練習することができます。

「やらされている」「やりたくない練習をやっている」という意識であれば、何をやっても上達は難しいでしょう。

自分の意志で入部したテニス部、中学生にもなれば、自分の行動に責任と常に当事者としての意識が必須です。

 

5.「雨の日」にどう過ごすか、に全てが現れる

すごくシンプルで、簡単な話です。

雨が降っている放課後に、その部活の真の姿が現れます。

部活を無しにする学校、トレーニングする学校、自主性に任せる学校・・・色々あると思います。

大切なのは、「雨の日をどう過ごすか、これがすごく大切なんだ!」という意識を、部員全員が持っているかどうか。

この共通意識さえあれば、全体で同じトレーニングをする必要も無いかも知れません。

せっかく雨でライバルたちが一息ついているのに、そこで差を付けないのはもったいない話。

ましてや強豪校は、この雨の日の大切さを理解して行動できているので、実力差は開くばかりかも知れません。

 

どんなスポーツにも、部活にも共通することが多かったかも知れません。

「試合に近い環境をできるだけ部活の中で創る」

「テニスコート以外で過ごす時間、身の周りのことに気を配る」

中学生や高校生からすれば、少し生真面目で恥ずかしいと感じることも多いのでは・・・?

いやいや、そのままだとずっと試合で勝てませんよ。

ダラダラ部活をやって試合で負けるほうが、よっぽど恥ずかしい。

アナタのチームは、どんな姿を目指しますか?

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  2. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化していませんか?

    テニスのグリップは人それぞれ。薄い、厚いという言葉で表現されま…

  3. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じておこう

    サイトをご覧になっている方の中には、今中学生、高校生の方も多いと思いま…

  4. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

    俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思ってい…

  5. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前

    普段の練習、試合と何が違うのか。それって、大前提としては「慣れ…

特集記事

  1. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本
  2. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
  3. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打…
  5. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?
PAGE TOP