テニス メンタル

メンタル

「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

「勝っている試合を、まくられてしまう・・・」

「どうしてもメンタルが弱くて、格上相手に負けてしまう」

こういったお悩みをお持ちの方、すごく多いと思います。

今回は、特別にこれ、というアイデアがある訳ではないのですが・・・あくまで私の感覚、で。

感覚的な話ですが、大事なことだと思うんですよね。

 

「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

 

1.「何とかなるよ」と、声をかけてみる

テニスの試合って、じわじわーっと、スコアが離れていく。

相手との実力差も、試合の中盤くらいにハッキリしてくる。

そういうとき、「あぁ・・・もうダメだ・・・」となる、その思考はちょっともったいない。

私なんかは、「何とかなるよ」という発想で試合を進めていきます。

いや、もちろん、しんどいですけどね。

でも、「何とかなる」と考えれば、知恵を絞りますから。

どうにもならない、となった段階で、思考が止まってしまう。

そうなると、もう勝てる見込みは無くなってしまいますよね。

 

2.「何とかなる」の根拠は、その後探していけば良い

もちろん、秘策がいつもある訳ではありません。

何とかなる、と考えた後に、実際にはその根拠やアイデアを考える・・・ことがほとんどです。

何か根拠がないと「何となかる」と思えない、のが普通かもしれませんね。

でも、それってもったいない話。

テニスの試合は、基本どんどん進んでいきますから、待ってはくれない。

どんなに強い相手でも、何とかしないといけない、という覚悟を早めに決めておかないといけないんです。

心配しなくても、大丈夫。

何とかなると思えれば、何とかなるのがテニスの試合です。

 

3.良い意味でプライドを捨てて、色々やってみる

何とかするためには、アクションの量が大事。

陣形やショットの種類、ドロップやロブ、何でもやってみる。

その中で、少し相手が嫌がりそうなポイントを探すしかないですからね。

自分のプライドは、ちょっとだけ奥にしまっておく。

でも、完全に押し殺してはダメ、ですよ。

最後に勝ちたいと思える自分のプライド、は大事ですからね。

 

4.日頃から、「何とかなるよ」を口癖に

まぁ、私も・・・ちょっとだけ意識しています。

普段の仕事でも、「何とかなるよ」と。

仲間や自分に、言い聞かせてやってみる。

もう無理だ、と思うにしても、色々試した後にしたいんですよね。

普段の生活から、これを意識していれば試合でも活かされるはず。

テニスコートでの試合の姿勢、はアナタ自身の普段の姿勢、とほとんど同じはずですから。

テニスから変えてみる、のも面白いかもしれませんね。

 

魔法の言葉、だと思いますよ。

何とかなるよ、とボソッと言ってみれば、テニスの試合はまだまだ分からない。

何とかしないといけない、と気負う必要はありません。

ただ一つだけ言えるのは、テニスの大会はチャンスだらけ、ということ。

「もう無理だ・・・」

「これはもう、勝ったな・・・」

と、こんな人たちがほとんど、ですから。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    試合に出る勇気がある人は、他人からの評価を受け入れることが出来る

    「せっかく休める土日なのに、よく試合なんて出ますね・・・」と、言われる…

  2. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう

    皆さんはテニスを、どこかで「習って」いますか?それとも「自分で学ん…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識はテニスの試合で必要です

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方

    ダブルスで重要なことは、パートナーとの連携プレーである。パート…

  6. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
  2. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を…
  3. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは、個人ではなく、部活の仕組み自体をを見…
  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だとい…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること
PAGE TOP