テニス メンタル

戦術

試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

自分の調子が良い、と感じる時。

これって、良いことばかりではありません。

なぜなら、その調子に乗ってただ打つだけ、走るだけ、になって自分に酔ってしまうことになるから。

調子が落ちて乱れてきたころに気付いても、もう遅い。

きっと、相手の情報も無いし、自分もどうして良いか分からない・・・感じになってしまうと思いますよ。

そうならない為に、「調子が良い自分」に気付くことも大事なんです。

 

試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

 

1.相手がよく見える!試合って、無いですか?

きっと、皆さんも経験あるはずです。

相手がよく見える、ボールも良く見える、何を考えているのかもある程度分かる。

予測も当たるし、ミスも少ない・・・これって、自分の調子良いんじゃない!?

と、思う試合・・・は、実は注意が必要。

相手がよく見えるときには、甘い誘惑が付いて回る。

「あそこにも打てそう!」

「あのショットも打ってみたい!」

そういう自分を、試合の中でコントロールしていかないといけないのがテニス選手です。

 

2.複数の選択肢、イメージ出来てる?

私は何度か、最低「2つのコースを準備しましょう」と伝えて来ました。

リターンでも、クロスとストレート。

どちらでも打てる態勢、で毎回入りたい。

最低2つ用意しておけば、相手は迷う。

「どちらにでも打てそう」な態勢を見せることで、相手を足止めできるのがテニス。

だからこそ、複数の選択肢が浮かんでくる、それもラリー中に見えるというのは良いこと。

本当に、調子が良いんだと思います。

まずはココを自覚するところから、ですね。

 

3.調子が良いときには、決断のテンポを速くしていこう!

私が試合で調子が良いときには、とにかく決断を速くしていく。

相手をギリギリまで見て・・・というのが出来る、けど、あえてしない。

クロスならクロスと決めて、しっかり良いショットを打つことに専念する。

複数の選択肢、例えばドロップショットやロブ、ダウンザライン、色々「出来そう」に感じるのはすごく良いこと。

でも、何もかもやろうとすると、テニスの試合は崩れていく。

決断して、後は良いショットを打っていく、ことに徹することが大事です。

 

4.テニス選手は、孤独な闘い

テニスの試合って、基本は個人戦。

団体戦でベンチコーチが付く場合もありますが、まぁ稀ですよね。

だからこそ、自分の調子を見定めて作戦を変える、考えるのも自分でやらないといけないんです。

「タイム!」と、崩れる前にタイムアウトを取ってくれるコーチや監督はいない。

自分で気付いて、考えて変えていく。

チェンジコート以外のタイミングでも、いつでも客観視して自分の中の「監督」を発動しないと試合では勝てない。

孤独な闘いですが、だからこそテニスの試合は楽しいんです。

 

5.調子が良いときこそ、丁寧さを出していきたい

複数の選択肢が浮かんで、どんどん試していくのは全然ありです。

特に試合の序盤、ですね。

プレッシャーも少ないし、相手に手数を見せておけば試合の後半でも優位に進めることが出来る。

そのときに意識して欲しいのが、「丁寧さ」なんです。

調子が良いと、つい強く打ちたい、自分を大きく見せたいと思いがち。

でもそれって、既にアナタの実力をオーバーしているし、調子を崩してしまう元になる。

相手がよく見える、ときこそ自分のプレーを丁寧に。

早く準備して、打点に顔を残す。

そうやってプレーしている限り、アナタの調子が大きく乱れることは無いでしょう。

 

調子が良いなら、そのまま押し切ってしまう。

試合を終わらせてしまう・・・ことが、出来ますか?

意外と、最初に調子が良いと感じた試合こそ、後半もつれて勝てない、ことは無いですか?

きっと、原因は小さいけど根深いモノがある。

今回のヒント、が少しでも参考になると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 観察眼

    戦術

    弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる

    弱点を、頑張って練習する?それも大事かもしれませんが、そうこう…

  2. 戦術

    対戦相手は、亀かウサギか

    対戦相手を、よく観察すること。これを繰り返していると、あること…

  3. 戦術

    自信とは、自分で作り出していくもの

    長らく更新が止まっておりまして、失礼致しました。このお盆の期…

  4. 戦術

    コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果

    試合の中で、自分が打ったボールがネットに当たる。そのボールが…

  5. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術

    試合の中で、みなさんの技術を支えるもの。私は、大きく2つに分け…

  6. 戦術

    ゲームを「作る」とは、どういうことか?

    特に、ダブルスの試合ですね。「ゲームメイク」ができるか、でき…

特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
  3. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  4. 戦術

    勇んで同じコース、やられる要因に
  5. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
PAGE TOP