テニス 調子

メンタル

テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」ということ

テニスの試合で、勝ち続けることが出来る人。

それはメンタルの強さがよく言われますが、具体的には「崩れそうで、崩れない」、試合を作って最後は勝つことが出来る選手こそ、試合に勝ち続けることが出来る。

私もたくさんの試合で選手を観てきましたが、強い選手の話を聞くとこういう言葉をよく耳にしました。

自分を知っている、自分と会話しているからこそ、感じることが出来る「自分の実力」について。

つい、勘違いしてしまってはいませんか?

 

テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」ということ

 


 

■誰でも、「強い自分」でありたいと願っている

人間って、そんなに強くない。

私自身そうでしたが、悔しいけど「テニスが弱い自分」には、目を伏せたくなってしまいます。

だからこそ、年に数回出来た「調子が良い試合」を、自分のテニスだと考えて試合に備えてしまう。

試合前は意気揚々でも、結果的に・・・そんな上手くいくことも無く負けてしまって、また落ち込んでしまう・・・。

勇気がいる、パワーがいることですが、「調子が良いときの自分」は、ある意味自分では無い、くらいの否定する考えも必要。

試合に勝つ為には、危険なセルフイメージなのですから。

 

■テニスは常に、毎回違う相手がいるスポーツである

つい忘れてしまいがちですが、大事なのは自分と同時に相手。

毎回違う相手を、アナタは自分のテニスを通じて倒していかなければならないのです。

「調子が悪い自分」をコントロールして勝つには、たくさんの補う武器が必要です。

サーブの調子が悪ければ、リターンで攻撃されることに備えて「打った後の守備」が大事になる。

だからこそ、試合前の考え方の整理、練習での準備が必要なのです。

 

■「調子が悪い」ときの対策は、項目別に具体案を出しておく

バックハンドの調子が悪い、ボレーが当たらない、そもそもサーブが入らない・・・。

こういったたくさんの「調子が悪い要素」に対して、具体案をもっていますか?

まずは、その技術自体の修正。

サーブが入らないときには、グリップを変える、軌道を変える。

それでも入らないときには、アンダーサーブを打って下がってディフェンスをする・・・、そのときは、どういうポジショニングで粘りますか?

具体案をいくつか出してみて、試合で実践できるようにしておくと、「勝ちを拾う」ことが出来るかも知れません。

必ずテニスノートに書いて、箇条書きの文章にしておくようにしましょう!

 

試合前の準備とは、こういうことです。

考えられる自分のアクシデントに対して、具体案を持っておくこと。

そしてそれを実践出来るように、普段の練習からオールラウンドなテニスを勉強、練習しておくこと。

「調子が良いときの自分」ばかり追い求めても、きっと幅の狭い、スケールの小さいテニスになってしまう。

そのことだけは、忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをして…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

    試合前は、良いイメージばかり。「今日は勝つぞ!」と思って勇んで…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

    初めてラケットを握ったとき。その頃の感覚、アナタは思い出せます…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン

    プロ野球の試合でも、最近「イップス」という言葉がニュースでもよく出て来…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう
  2. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  3. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つの…
PAGE TOP