テニス 準備

ストローク

ドロップショットをしっかり止めるには、ラケットヘッドは「フォロースルーで前に出さない」ことに尽きる

ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたいですよね。

でも、甘くなるのがやっぱり怖い。

しっかりストップする、スライス回転が効いて弾まないドロップショット、コツはラケットヘッドの使い方にあります。

特に、フォロースルーを意識出来ると、かなり質の良いドロップショットになると思いますよ!

 

ドロップショットをしっかり止めるには、ラケットヘッドは「フォロースルーで前に出さない」ことに尽きる

 

1.ラケットヘッドが前に出ると、ボールが飛んでしまう

普通のストロークは、しっかりラケットヘッド、ラケットの先が前に出る。

でも、ドロップショットでその打ち方をしてしまうと・・・ボールが飛んでしまう。

ボールに力が伝わり過ぎて、甘いドロップショットになってしまうでしょう。

ネットが怖いと、つい「超えること」を狙ってラケットを動かしたくなる。

でもここは、ぐっと我慢しましょう。

ラケットは「動かし過ぎない」に尽きます、ドロップショットを打つ時には。

 

2.グリップが前で、そのまま打ち終わる

「え?じゃあ、ドロップショットはスウィングを止めるの?」と、よく聞かれます。

実は、止めてしまうと今度は飛ばな過ぎてネットを越えない。

しっかり、打った後もラケットを前には出して良い。

でも、前に出すのはグリップ、それもグリップエンドと呼ばれるラケットの端の部分。

試合前のトス、「Which?」で確認するラケットメーカーのロゴが入っているところ、ですね。

ここを前に出して、そのままフォロースルーの形として打ち終えてみましょう。

きっと、自然にボールの勢いを殺した、でも適度にスライス回転がかかって飛距離が出る、良いドロップショットになるはずです!

 

3.軌道を山なりにする為に、少しだけボールの下を触ろう!

もう1つ、ラケットワークのコツを覚えたら、ボールの触る場所だけ注意したい。

少しボールの下側、を触って、山なりにしてみましょう。

ボールの下を触るだけで、下から上に振る必要はありません。

下を触れば、自然に軌道は山なりになる。

そして打ったラケット面を上に向けて、先ほど書いたようにグリップエンドを前にして、打ち終わる。

この基本、フォアハンドでもバックハンドでも大活躍でしょう。

バックハンドのスライス、との相性も良いと思いますよ。

 

何度か書きましたが、まず試してみましょう。

練習の、最初のショートラリーから少し「ドロップ気味」に打ってみる。

今回のフォロースルーでのコツ、グリップエンドの意識、磨けば試合で使えるはず。

コツさえつかめば、ドロップショットは難しい技術ではありません。

楽しみながら、トライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  2. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

    重たいスライス。テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  5. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロークに

    強さを求めているとどうしても「速さが欲しい!」「パワーショット打ちたい…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切
  2. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストロー…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう
PAGE TOP