テニス メンタル

戦術

「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。

オムニコートと、ハードコート。

クレーコートもあると思いますが、これはオムニコートと同類と考えてOK。

まずはこの2つのサーフェスの違いと、得意とする相手のパターンの基本原則を確認しておきましょう。

これだけで、試合運びが楽になるはずです。

 

「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

 


 

■球足が、「オムニコートは遅い、ハードコートは速い」が原則

実際のコートにより差はありますが、まず大原則から。

球足が速い、遅いといった感覚、皆さんは分かりますか?

球足が速いとされるコートでは、バウンドしてからボールが失速し辛い。

つまり、自然とテンポが速い打ち合いになるケースが多い。

逆に球足が遅いコート、オムニコートではバウンド後にボールが失速するので、ボールに追い付いて返球する機会が増える。

ラリーも、少しゆっくり目でポジションを下げての打ち合い、が多くなるのも特徴です。

 

■ハードヒッターやビッグサーバーが優位なのは、基本的にハードコート

確かに、元々速い球を得意にしている選手は、ハードコートで強い。

より自分の武器を活かせますし、オムニコートではそれが追い付かれて反撃される機会が多い。

まずはこの基本原則は、覚えておきましょう。

力のある学生、身長のある男性とハードコートで戦うのは厳しいな、と。

逆にオムニコートでは、足が速くスタミナがあり、粘りが身上のプレイヤーは力を発揮します。

あらゆるボールがバウンド時点で失速するケースが多いので、ボールに追い付かれる回数は増える。

アナタ自身も、慌てずに粘りのあるプレーが求められるでしょう。

 

■それぞれ、相手が得意なサーフェスのときにはどう戦う?

私なら、ハードコートで学生のパワーヒッターと戦うときには、とにかく「ハードヒット」させないように気を付ける。

彼らが大好きな高い打点からのストローク、気持ちの良いファーストサーブ、を打たせないように工夫します。

ドロップやスライスを使い、リターンはあえて前にポジションを取って揺さぶり、距離感を狂わせる。

オムニコートでは、逆に守備的な選手が強い傾向にあるので、彼らには「攻撃」してもらうようにします。

あえて前に浅いボールを打って、大好きなベースライン上から移動してもらう。

そしてこちらもミスを最小限にして、打ち合いには付き合うくらいの意識で試合が出来れば、そう簡単に負けることは無いでしょう。

 

あくまで、今回のは基本的な考え方であり傾向、です。

実際には逆のサーフェスを得意にしている選手もいます。

ですが、大前提は知っておいて損は無い。

両方のサーフェスでプレーする機会を作って、試合に備えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 序盤

    戦術

    「インドアコートでのテニスの試合」で気を付けておきたい5つのポイント

    雨が多いこの時期、インドアコートでの練習や試合も増えますよね。…

  2. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?

    テニスで有効な攻撃。これが出来る場所、に自分がしっかり立ててい…

  3. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!

    相手が打つ前、隙を突いて動きたい。ダブルスのポーチのような場面…

  4. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

  6. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

特集記事

  1. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  4. テニス 打点

    ボレー

    ボレーは意外と、身体の近くばっかり
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?
PAGE TOP