テニス メンタル

戦術

「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。

オムニコートと、ハードコート。

クレーコートもあると思いますが、これはオムニコートと同類と考えてOK。

まずはこの2つのサーフェスの違いと、得意とする相手のパターンの基本原則を確認しておきましょう。

これだけで、試合運びが楽になるはずです。

 

「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

 


 

■球足が、「オムニコートは遅い、ハードコートは速い」が原則

実際のコートにより差はありますが、まず大原則から。

球足が速い、遅いといった感覚、皆さんは分かりますか?

球足が速いとされるコートでは、バウンドしてからボールが失速し辛い。

つまり、自然とテンポが速い打ち合いになるケースが多い。

逆に球足が遅いコート、オムニコートではバウンド後にボールが失速するので、ボールに追い付いて返球する機会が増える。

ラリーも、少しゆっくり目でポジションを下げての打ち合い、が多くなるのも特徴です。

 

■ハードヒッターやビッグサーバーが優位なのは、基本的にハードコート

確かに、元々速い球を得意にしている選手は、ハードコートで強い。

より自分の武器を活かせますし、オムニコートではそれが追い付かれて反撃される機会が多い。

まずはこの基本原則は、覚えておきましょう。

力のある学生、身長のある男性とハードコートで戦うのは厳しいな、と。

逆にオムニコートでは、足が速くスタミナがあり、粘りが身上のプレイヤーは力を発揮します。

あらゆるボールがバウンド時点で失速するケースが多いので、ボールに追い付かれる回数は増える。

アナタ自身も、慌てずに粘りのあるプレーが求められるでしょう。

 

■それぞれ、相手が得意なサーフェスのときにはどう戦う?

私なら、ハードコートで学生のパワーヒッターと戦うときには、とにかく「ハードヒット」させないように気を付ける。

彼らが大好きな高い打点からのストローク、気持ちの良いファーストサーブ、を打たせないように工夫します。

ドロップやスライスを使い、リターンはあえて前にポジションを取って揺さぶり、距離感を狂わせる。

オムニコートでは、逆に守備的な選手が強い傾向にあるので、彼らには「攻撃」してもらうようにします。

あえて前に浅いボールを打って、大好きなベースライン上から移動してもらう。

そしてこちらもミスを最小限にして、打ち合いには付き合うくらいの意識で試合が出来れば、そう簡単に負けることは無いでしょう。

 

あくまで、今回のは基本的な考え方であり傾向、です。

実際には逆のサーフェスを得意にしている選手もいます。

ですが、大前提は知っておいて損は無い。

両方のサーフェスでプレーする機会を作って、試合に備えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を

    皆さんは、試合の中でこんな感覚を覚えたことありますか?「相手の…

  2. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

    今はまさに、日が長い時期。日照時間が長いので、テニスの試合も結…

  3. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる

    テニスの試合で、基本を相手にしっかり見せておくこと。これはすごく、…

  4. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事

    野球の試合を観ていると、たまにこんなシーンありませんか?デッド…

  5. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  6. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ

    色々な人のアドバイスを聞いて、迷っている方。「こんなの、自分…

特集記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカン…
  2. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?
  3. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない
  5. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手…
PAGE TOP